ホーム » 各種支援 » 道北ビジネスプランコンテスト2019

道北ビジネスプランコンテスト2019

道北ビジネスプランコンテスト2019 結果発表!!

令和2年2月1日に開催された、最終審査プレゼンテーションにより、最優秀賞、優秀賞、旭川信金賞、来場者賞の各賞が以下のとおり決定いたしました。道北各地域から最終審査に残った5名の方々の工夫を凝らしたプレゼンテーションと100名を超える来場者により、会場は熱気に包まれました。旭川産業創造プラザでは、今回の最終プレゼンテーション出場者はもちろんのこと、創業を目指す方、新分野の進出を目指す方の応援をこれからも行っていきます。

最優秀賞

プラン名 お店の想いをストーリーで伝えるインバウンド対策(英語環境整備事業)
氏名 諸橋 篤
事業概要 主に観光施設(宿泊施設・レストラン・ケーキ屋・博物館・ワイナリー・酒蔵等)の館内案内・HP・メニュー・商品説明などの英語コンテンツ作成。日本語文を単純に英語に訳す通常の「翻訳」とは違い、その施設・お店・商品の個性や作り手の想いなどの「ストーリー」を付加価値として外国人に伝える英語環境整備業務。

優秀賞

プラン名 宗谷管内ならではの体験サービスを提供するゲストハウス
氏名 武重 謙
事業概要 今後増える訪日観光客をメインターゲットに、お客様同士や宿のスタッフと交流ができる低価格なゲストハウスを運営し、交流の一部として有料体験サービス(雲丹採り、浜料理、ハマナスジャム作り、昆布漁、山歩きなど)を提供する。価格はドミトリー(相部屋)として低価格に抑え、談話ができるスペースを設けるなど、自然と会話が発生するよう空間デザインを工夫している。体験サービスでは訪日観光客等のニーズにあったものを選定し、ゲスト同士またホストの地元住民が会話をできるものとする。稚内にビシネスホテルや旅館は存在するものの、ゲストハウスは当館のみである。一方で訪日外国人はゲストハウスで安価に得られる快適性と体験を求めている。事業を伴に実施する夫婦で、2年4ヵ月かけて回った世界一周旅行で把握した旅人ニーズを活かし、そのミスマッチを解消する。

旭川信金賞

プラン名 大雪山の恵みを使って地元かあさんと「Cook with me!」
氏名 福井 明子
事業概要 大雪山の恩恵を受けた農村文化、食材の魅力をお伝えする「外国人旅行者向け料理教室」 地元民で賑わう銀座商店街で食材を調達し、地元のシニアや主婦に調理講師となってもらって、私達の日常のごはんを一緒に作って食べる体験プログラム。いずれは、ホームビジット体験として、地元の方(主にシニアや主婦)の自宅で、【自宅を訪れること・調理・食卓を囲むこと・家族との交流】を体験してもらう送迎付きのツアーに展開する。

来場者賞

プラン名 Green Field Project-グリーンツーリズムでチームビルディング
氏名 芦澤 望
事業概要 IT企業、特にアグリテック系の中小企業(10名規模)チームに向けて森の中での短期ステイプログラムを提供します。1週間のうち、午前中・休日は農業体験をし、日中は自社が森の中に作った宿泊施設で集中して仕事にします。その間、地元農家と収穫した鷹栖町野菜を使って料理を共同で行ったり、自然を生かしたアクティビティでチームビルディングやワーケーションを主体としたサービスを提供します。

最終審査選考通過者

氏名 事業所名 ビジネスプラン名称 地域
芦澤 望 株式会社TRY-JIN Green Field Project-グリーンツーリズムでチームビルディング 鷹栖町
福井 明子 cook with me!Hokkaido 大雪山の恵みを使って地元かあさんと「Cook with me! 」 旭川市
墫野 智也 (未定) 商品購入が農村風景を守る「Link to Farmland」ブランド商品の開発 東神楽町
武重 謙 株式会社インエー 宗谷管内ならではの体験サービスを提供するゲストハウス 稚内市
諸橋 篤 リクール北海道 お店の想いをストーリーで伝えるインバウンド対策(英語環境整備事業) 旭川市


過去の出場者、受賞者

これまでの出場者および受賞者は下記ページで紹介しております。

お問い合わせ

一般財団法人 旭川産業創造プラザ 企業支援グループ
〒078-8801 旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号 旭川リサーチセンター
TEL:0166-73-9210
FAX:0166-68-2828
E-mal:dbpc@arc-net.or.jp(道北ビジネスプランコンテストお問い合わせ専用)
E-mal:arc-net@arc-net.or.jp(その他のお問い合わせ用)

▲ページの先頭へ