ホーム » 各種支援 » 2021年度 ガンバル中小企業・小規模事業者応援補助金

2021年度  ガンバル中小企業・小規模事業者応援補助金

本補助金について厳正な審査を行った結果、申請件数207件の中から、106件を採択することと決定いたしましたのでお知らせします。

改訂履歴

改訂履歴を随時更新しております。最新の内容をご確認ください。

改訂履歴 (PDF)

採択者の皆様へ

当補助金は、給付金・支援金といった申請の要件が合致すれば支給されるものではありません。 ご応募頂いた申請書を審査し、採択通知をご連絡します。通知を受け取られた方はお送りする「事務処理マニュアル」に従って適正に事務処理を行い完了報告書及び関係書類をご提出いただきます。お送り頂いた完了報告書及び関係書類を事務局にて検査し、適正に事務処理が行われていることを確認した上で、補助金額を確定し支給します。※採択通知ご連絡後すぐにお振込みされるものではありません。

補助金額は、事業実施後の報告に基づく検査によって最終的に決定されます。したがっ て、本マニュアルを必ずよく読み、経費が補助対象として認められるかどうかを十分確 認した上で事業を実施してください(交付決定通知書に記載のある交付決定額は現時点 ではあくまで予定額です)。 また、補助金の支払いは事業終了後の清算払いとなりますので、ご注意ください。

提出書類の不足・不備があると、補助金額の確定作業や補助金の支払いまでに、書類の不足・不備がない場合と比べて期間を要することになります。
先に到着した事業者の提出書類から順に確認いたします。補助事業者の皆様が適正に補助金の交付を受けられるよう、提出書類を確認のうえ、必要があれば、提出物の記載の修正や追加書類の提出をお願いすることがあります。書類を提出する際には、不足・不備がないよう、必ず「実施要領」「募集要領」「事務処理マニュアル」等をご確認のうえ適正な実施をお願いいたします。
ご不明点があれば、当財団企業支援グループまでお問合せください。


お問合せ先
一般財団法人 旭川産業創造プラザ 企業支援グループ
TEL 0166-73-9230 E-mail gcsh@arc-net.or.jp
営業時間 AM9:00~PM5:00 定休日 土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始

■事務処理マニュアル

補助事業の経理処理の基本的な考え方、補助対象経費とその事務処理について、申告・報告等の重要事項を記載しています。

※熟読の上、経理事務処理を行ってください

本補助金に関する基本事項についてまとめています。
補助事業を始める前に確認ください。

■様式ダウンロード

以下様式をダウンロードして申請してください。

No 種類 記載例 ダウンロード様式
様式第4号 変更申請書   Word様式
PDF様式
様式第5号 事業進捗状況報告書  
様式第6号 完了報告書 PDF様式
様式第6号-1 事業実績報告書
様式第8号 補助金請求書
様式第6号-2 事業精算書、
別添内訳(経費区分別支出管理表)
PDF様式 Excel様式
PDF様式

■参考様式ダウンロード

以下参考様式をダウンロードして申請してください。

種類 記載例 ダウンロード様式

旅費明細書・出張報告書

PDF様式 Excel様式
PDF様式

選定理由書

PDF様式 Word様式
PDF様式

お問合せ先

一般財団法人 旭川産業創造プラザ 企業支援グループ
〒078-8801 旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号 旭川リサーチセンター
TEL 0166-73-9230
FAX 0166-68-2828
E-mail gcsh@arc-net.or.jp
営業時間 AM9:00~PM5:00
定休日 土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始

当該事業の実施スケジュールは以下のとおりです。

時期 内容
当財団 申請者
8月2日(月)~9月3日(金) 事業募集開始 (当財団 HP に申請書等のデータ掲載) 申請書類の入手・作成
申請書及び関係書類の提出
9月~10月 審査

採択・不採択決定及び通知

採択・不採択決定通知受理

事業実施期間   事業実施(場合によって事前着手あり)
事業完了後30日以内、且つ1月5日まで  

完了報告書及び関係書類の提出

完了報告書類提出後 書類検査及び補助金額の決定通知

補助金の支払い

補助金請求書の提出

補助金の受領

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける中にあっても、様々な創意工夫や、新たなことに挑戦しようとする中小企業等を応援することで、事業継続や業績の維持・向上を後押しし、地域経済の元気を回復します。そのため、(一財)旭川産業創造プラザでは、中小企業等が行う新製品・新サービスの開発から販路拡大、設備投資などの新たな取組に要する経費を補助します。

事業概要

新製品・新サービスの開発から販路拡大、コロナ対策を含む設備投資まで事業継続に意欲を有する中小企業等(個人事業主を含む、ものづくり、卸小売り、サービス業の中小企業者等)の前向きな取組を支援

  1. 補助上限額:50万円
  2. 補助率:4/5以内
  3. 採択件数:100件程度(予算の範囲内)
  4. 対象期間:2021年4月1日から2021年12月31日までに支出した経費

補助申請

  1. 募集期間:2021年8月2日(月)から9月3日(金)17時まで
  2. 申請先:一般財団法人 旭川産業創造プラザ(旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号 旭川リサーチセンター)へ郵送又は直接持参してください
  3. 申請書類:申請書等及び関係書類を、正本1部及びデータ(外部記録媒体)にて提出

対象事業者

以下の要件をすべて満たす事業者

  1. 旭川市中小企業振興基本条例第2条第1号に規定する、中小企業または旭川市内に在住している小規模事業者(個人事業主含む)
    ※みなし大企業を除く
  2. 旭川市内に主たる事業所を有し、確定申告を行っている
  3. 申請時までに、新北海道スタイルに取り組んでいる
  4. 旭川市の市税を滞納していない(市税を納税している)中小企業者等
  5. 同一事業について、他の機関から補助金を受けていない、且つ今後受ける予定もない

対象となる事業

以下の①から③のいずれかの事業

  1. 新製品・新サービス開発
  2. 販路拡大
  3. 設備投資

対象経費

諸謝金、旅費交通費、手数料、広告宣伝費、試作原材料費、設備費、通信運搬費、使用料及び賃借料、外注費、等

【注】補助対象企業の従業員の人件費、不動産、汎用性がある製品
(自動車やパソコン、カメラなど)の購入費等は補助対象外

対象経費の○×の事例
○:飲食店でテーブルに固定した注文専用端末による非接触型のシステムを新たに導入する
×:小売業等で売上や顧客管理用のパソコンを新たに購入する

※対象経費については補助対象期間(2021.4.1~2021.12.31)に支払ったものが対象となります。事業終了後の補助金額確定時には領収書等の支出を証する書類が必要となります。

活用イメージ

【新製品・新サービス開発】
・巣ごもり需要に対応した新商品を開発する。
・集客や情報発信するためのソフトやアプリを開発する。
・これまでの自社が有している技術等を活かした新商品、新サービスを開発する。
・低感染ビジネスを展開するため、既存商品及びサービスの改良改善を行う。

【販路拡大】
・観光客向け商品を、新たにECサイトを立ち上げて販売する。
・売上向上に向け、既にあるホームページを刷新する。
・店舗で販売している商品の紹介用チラシを新たに作成する。
・販売促進または集客を行うため、SNS等の有料広告を実施する。
・新技術・新商品等の販売促進のため、展示会等(WEB開催含む)に出展する。

【設備投資】
・店舗の一部を改修し、新たにテイクアウト販売を始める。
・低感染ビジネスを促進するため、電子決済システムを導入する。
・生産性向上のため生産設備やシステム等の機械装置を導入する。
・コロナ対策として、対策に適した換気設備を導入する。
※設備投資については、旭川市内に所在する事業所に限る。

補助対象者決定

審査員による審査(書面)にて採択事業を選定し、通知します。

資料ダウンロード

お問合せ先

一般財団法人 旭川産業創造プラザ 企業支援グループ
〒078-8801 旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号 旭川リサーチセンター
TEL 0166-73-9230
FAX 0166-68-2828
E-mail gcsh@arc-net.or.jp
営業時間 AM9:00~PM5:00
定休日 土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始

▲ページの先頭へ