ホーム » メールマガジン » バックナンバー » 第451号

バックナンバー

第451号

***********************************************************************
 ■■■  ■   ■ ■   ■
■   ■ ■■ ■■ ■■ ■■       【AIRC Mail Magazine 】
■   ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■■■■■ ■   ■ ■   ■      第451号(2020年9月1日発行)
■   ■ ■   ■ ■   ■
********************************************* (一財)旭川産業創造プラザ)

■Contents;

◇(一財)旭川産業創造プラザからのお知らせ◇

1.「あさひかわBizCafe」次回2020年9月17日のお知らせ

2.2020年度「人材育成助成事業」の募集のお知らせ

3.新型コロナ感染症に関する経営相談窓口を開設しております

4.旭川食品産業支援センターから食品試験予定日のお知らせ

5.連載「HACCP導入、運用のコツ(30)」

旭川食品産業支援センター長 浅野 行蔵

◇関係機関からのお知らせ◇

6.小規模事業者持続化補助金 

7.ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金 

8.ノーステック財団よりご案内です。

  令和2年度 第1回ヘルスケア関連産業セミナー

************************************************************************

  1. 創業セミナー「あさひかわBizCafe」WEB開催参加者募集について 

************************************************************************

 

起業に必要な知識やノウハウを学ぶ、創業セミナー「あさひかわBizCafe」を

開催します。

9月はWEB開催。お手持ちのPCやスマホから参加ができます!

 

■日時、内容

 2020年9月17日(木)18時30分から

『事業を成功に導く資金計画の作成 決算書の読み方(財務)』

(講師 ふたば税理士法人様)

 

■事前のお申込みが必要です。こちらから↓

 http://m2.arc-net.or.jp/contact/

■主催

 (一財)旭川産業創造プラザ

************************************************************************

  2. 2020年度「人材育成助成事業」の募集のお知らせ 

************************************************************************

道北地域(上川・留萌・宗谷)における地域企業が行う派遣研修事業及び

自主研修事業に対し、その経費の一部を助成します。

■募集期間:2020年4月30日から2021年2月26日まで

 ※予算がなくなり次第、終了となります。

■対象企業:道北地域にあって、6か月以上事業を行っている中小企業及び

      中小企業者によるグループ

■対象経費:

年度内に支出する交通費、滞在費、受講費、講師等招へい費、機材等賃借料、

会場使用料など

■助成率:対象経費の1/2以内

■助成限度額:10万円以内

 ※ただし、当財団の予算の範囲で調整させていただく場合があります。

■お問い合わせ・お申込み

 一般財団法人 旭川産業創造プラザ 企業支援グループ

 TEL:0166-73-9210 FAX:0166-68-2828

 E-mail: kigyoshien@arc-net.or.jp

■チラシダウンロード

 https://work.arc-net.jp/news01p/pkobo_news/upload/11-1.pdf

************************************************************************

  3. 新型コロナ感染症に関する経営相談窓口を開設しております    

************************************************************************

旭川市の委託を受け、新型コロナウイルス感染症により経営に影響を受けている

中小企業・小規模事業者の皆様を対象としてアドバイザーによる経営改善、

資金繰り、助成金・給付金・補助金ほか経営に関する特別相談窓口を開設

しております。

※オンライン会議システムでのご相談も可能です。

 ご利用については、下記ご連絡先(お電話、E-mail)までご連絡ください。

(オンライン会議システム「ZOOM」を使用(相談者は利用無料))

■相談窓口連絡先

 電話  0166-73-5533

 Eメール sodan@arc-net.or.jp

■相談窓口開催日時

 ※土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始を除く

  月曜日~金曜日 9:00 ~ 17:30

  (ご訪問の際は事前にご連絡ください)

■実施期間

 2020年5月15日~2021年3月31日

■設置場所

 旭川市緑が丘東1条3丁目1-6

 旭川リサーチセンター2階

■対象となる方

 旭川市内の中小企業・小規模事業者

■対象となる相談

 経営改善、資金繰り、助成金・給付金、補助金ほか経営に関するご相談

■お問合せ先

 一般財団法人 旭川産業創造プラザ

 https://www.arc-net.or.jp/arc-net/varioussupport/data/covid19_madoguchi_02.pdf

 

************************************************************************

 4.   旭川食品産業支援センターから食品試験予定日のお知らせ    

************************************************************************

 今月の食品試験予定日は

 9月7、14、15、28、29 日です。

 利用される場合は、必ず事前にご連絡ください。

<注意点>

1、当センターの試験は、自主試験を代行するものであり、公的証明を行うも

  のではありません。

  公的証明書をご希望の方は、旭川市保健所等の検査機関をご利用ください。

2、試験の受託範囲は、旭川市、鷹栖町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町、

  上川町、東川町、美瑛町の1市8町に所在する食品事業者様が製造・販売

  する商品(加工食品)となります。

  連絡先:旭川食品産業支援センター (旭川産業創造プラザ 内)

     電話 0166-68-2824

************************************************************************

    5. 連載「HACCP導入、運用のコツ(30)」

     旭川食品産業支援センター長 浅野 行蔵

************************************************************************

「HACCPプランの作成は具体的な商品と加工施設で」

 法律の施行に伴い、当センターでもHACCPセミナーを行なってきました。

「危害分析」をより詳しく学びたいとの希望を頂き、特定の工場で作る特定の

食品として「瓶入りトマトジュース」についてプラン作りを行いました。

 商品と工場を特定化しないとHACCPプランは作れません。現地視察も入れて

参加者と「危害分析」を行いました。安全のために、何が心配なのか?

どこが勘所なのか?どう取り扱えば良いのか?

より具体的なHACCPを学びたい方は、製造している食品を指定して研修ご希望を

お寄せ下さい。

旭川食品産業支援センター http://www.arc-net.or.jp/arc-net/fosup/

◇関係機関からのお知らせ◇

************************************************************************

  6. 小規模事業者持続化補助金(一般型・コロナ特別対応型)締切10/2 

************************************************************************

次回の締切は、

2020年10月 2日(金)です。

※「コロナ対応型」は当日必着、「一般型」は当日消印有効

 

■事業概要

小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、小規模事業者が商工会議所・

商工会の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む地道な

販路開拓等の経費の一部を補助します。

 

■募集内容

【対象者】小規模事業者

 〇一般型

  【補助率】補助対象経費の2/3分以内

  【補助上限額】50万円

        ※100万円

       (認定市区町村による特定創業支援等事業の支援」

        を受けた小規模事業者)

        ※500万円(複数の事業者が連携した共同事業)

 〇コロナ特別対応型

  【補助率】

   ・類型A サプライチェーンの毀損への対応 2/3

   ・類型B 非対面型ビジネスモデルへの転換 3/4

   ・類型C テレワーク環境の整備 3/4

  【補助上限額】100万円まで(特例事業者は150万円)

■公募要領

 全国商工会連合会 

 https://www.shokokai.or.jp/jizokuka_r1h/

 日本商工会議所

 https://r1.jizokukahojokin.info/

************************************************************************

  7. 令和元年度・令和2年度補正

    「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」4次締切 

************************************************************************

次回の締切は、

2020年11月26日(木) 17時です。

本年はコロナの影響を受けている事業者様向けの類型や、事業再開枠

(コロナ対策用の補助)、そして今回からグローバル型

(海外展開、インバウンド向け)も追加されました。

 ご検討されている事業者様は、当財団でも申請のご支援をしておりますので

ご相談くださいませ。

連絡先:企業支援グループ 0166-73-9210

■事業概要

 本事業は、中小企業・小規模事業者等今後複数年にわたり相次いで直面する

制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等

に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・

試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。

下記は特別枠について追加された要件を抜粋しています。

詳しくは、下記URLをご参照ください。

掲載ページ:http://portal.monodukuri-hojo.jp/

公募要項:http://portal.monodukuri-hojo.jp/about.html

■補助上限

 一般型 1,000万円

 グローバル展開型  1000万円以上3000万円未満

〇通常枠

 中小企業 1/2、 小規模企業者・小規模事業者 2/3

〇特別枠

【補助率】

 ・A類型 2/3

  B類型又はC類型:3/4

 (中小企業者、小規模企業者・小規模事業者とも)

〇海外展開・インバウンド向けにグローバル展開型

 中小企業者 1/2、小規模企業者・小規模事業者 2/3

************************************************************************

  8. ノーステック財団 令和2年度 第1回ヘルスケア関連産業セミナー

    ~ヘルスケア関連産業競争力強化推進事業~

************************************************************************

令和2年9月8日(火)15:00~16:30

AIやIT等のテクノロジーの進展は目覚ましく、その技術はヘルスケア分野にも及んでいます。

特に医療分野では、遠隔医療や診断支援、各種バイタルセンサーとして利用され、

今後更なる活用が期待されます。

そこで本セミナーでは、医療分野における、AI、IT等最新技術の動向や、

参入事例についてご紹介します。

■講演15:00~15:55

「医療におけるAI,IT技術の最新動向とポイント」

株式会社三菱総合研究所シニアプロジェクトマネージャー藤井倫雅氏

主に医療機器における、AI・IT技術の活用状況、新規参入に際しての

ポイントをご紹介いただきます。

■事例紹介15:55~16:30

「世界から求められるヘルスケアITサービスを、札幌の企業が

どうやって開発できたのか」

株式会社サンクレエ代表取締役森正人氏

世界中でニーズがあった「見守り介護カメラ」の開発秘話を、

次のポイントからご紹介いただきます。

・手あたり次第にキーマンに会う、

・補助金を最大限活用する、

・見切り発車で発表し周囲の反応を見る。

■申込

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeB6XgD53SHKHnJFKiWkW2gww0Nlnw6bnsNWzOQpb3WrH2JmQ/viewform

■対象

ヘルスケア関連産業への参入を検討している企業、すでに参入している企業、他

■主催

北海道経済部産業振興局産業振興課、ノーステック財団

■お願い

・本セミナーはオンライン参加のみとなりますので、事前のお申込みが必要です

・当日までにzoomのインストールをお願いいたします

公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(略称:ノーステック財団)

研究開発支援部冨樫・小原

TEL:011-708-6392 / FAX:011-747-1911 / E-mail:h-medicalnet@noastec.jp

■申込期限:令和2年9月7日(月)

************************************************************************

            ★  AMMコラム  ★

************************************************************************

 *この欄は、毎回スタッフが交代で担当します。

◆8月が終わり、これからは残暑となるでしょうか。

今年は、全国各地で暑さが厳しい夏、暑い中、マスクの着用…熱中症対策と…

例年とは異なる夏でした。これからは、空気が乾燥し、寒い冬の訪れ…換気は

どうなるのでしょうか…冬のコロナ対策も考えねばなりませんね。

◆さて、私ごとですが、先日、黒岳に登山をしました。

(ロープウェイとリフトを使い、登ったのは7合目から…)初挑戦でしたが、

意外とさっくりと登れ、花や綺麗な景色などを見て、日頃の鬱憤などを浄化

してきました。やっぱり自然は最高です!その後のご飯も最高でした…

最近は特に食べて幸せを感じていることが増えました。

◆食べるだけでなく、新たな趣味を見つけようと思っており、この状況が落ち

着いたらスキューバダイビングのライセンスを取りたいと思っています。

◆あっという間に9月、本当に時間の流れは早いなと感じますが、

食品関連事業者の皆様には、「HACCPに沿った衛生管理」を視野に入れて

業務を進めていただければと感じているところです。

◆HACCPは、2021年6月から完全義務化されます。

食品表示を作成する際も時間がかかったかと思いますが、それ以上に時間が

かかると思います。少しずつ積み上げて、来年の6月に備えましょう。

◆当センターでは、HACCPについてセミナーを開催しており、

また随時わからないことがあれば、お気軽にご連絡をください。

◆5月から、当センターに新たなメンバーが加わりました。

お菓子作りを得意とし、時間を見つけて自転車を乗り回し、ドライブもして

いるらしいです。知識と経験豊富な先輩で、私も見習いたいところがたくさん

あります。お菓子で胃袋を掴まれています。これも小さな幸せです。

◆話にまとまりがなく申し訳ありませんが…

食品関連事業者の皆様のために最善を尽くしていきますので、

今後ともよろしくお願いいたします。(A.I)

──────────────────────────────────
※これまでいただきましたお名刺や,セミナーへの出席申し込みなどにより
いただきましたE-Mailアドレスをもとにお送りしています。
──────────────────────────────────
#.メールマガジン配信先変更・購読中止について
●お届けするE-Mailアドレスの変更や購読解除は次のところから行ってくだ
さい。
http://www.arc-net.or.jp/arc-net/mailmagazine/formoff.html


★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*★*☆*★
一般財団法人 旭川産業創造プラザ
〒078-8801  北海道旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号
旭川リサーチパーク内
Tel:0166-68-2820    Fax:0166-68-2828
H P:http://www.arc-net.or.jp/
E-mail:arc-net@arc-net.or.jp
★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*★*☆*★

バックナンバー一覧へ

▲ページの先頭へ