ホーム » メールマガジン » バックナンバー » 第433号

バックナンバー

第433号

***********************************************************************
 ■■■  ■   ■ ■   ■
■   ■ ■■ ■■ ■■ ■■       【AIRC Mail Magazine 】
■   ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■■■■■ ■   ■ ■   ■      第433号(2019年8月1日発行)
■   ■ ■   ■ ■   ■
********************************************** (一財)旭川産業創造プラザ

■Contents;
◇(一財)旭川産業創造プラザからのお知らせ◇
1.プレスリリース活用セミナー参加者募集中
2.「夢づくりものづくり支援事業助成金」募集のお知らせ
3.「2日間で学ぶ!HACCP実践セミナー」
4.連載「HACCP導入、運用のコツ」旭川食品産業支援センター長 浅野 行蔵
5.旭川食品産業支援センターから食品試験予定日のお知らせ

◇関係機関からのお知らせ◇
6.“NoMaps NEDO Dream Pitch” with 起業家万博のお知らせ
7.経済産業省・農林水産省「食品産業生産性向上フォーラム2019」
8.経済産業省「デザインを活用した商品開発セミナー」
9.旭川市「女性の活躍推進と職場の風土・意識改革セミナー」
10.旭川市「人材育成制度と評価システムの見直し・導入を支援します!」

************************************************************************
     ★  プレスリリース活用セミナー
       「メディア掲載が期待できるプレスリリースの作り方」
       ~中小企業のための情報発信術~           ★
************************************************************************
 
 新商品や新サービスを市場に広めたいと考えたとき、効果的な方法がプレスリリース
です。プレスリリースとは、企業側からマスコミに情報発信してメディアに取り上げて
もらう手法です。広告を打たずともメディアで紹介されることで、信頼性・知名度が
アップします。ただし、マスコミに興味を持たれなければ、どこのメディアに出ること
もなく、ひっそりとしたリリースになってしまうかもしれません。本セミナーでは「取材
する側・取材される側」の両方を経験した講師からメディアへの掲載が期待できるプレス
リリースの作り方を学べます。

■時 期:令和元年8月26日(月)14:00から16:30
■場 所:旭川リサーチセンター 1階スタジオ(旭川市緑が丘東1条3丁目1-6)
■講 師:グッドニュース情報発信塾 塾長 大谷 邦郎 氏
     ※講師の略歴等は以下のPDFファイルに記載しています。
■参加無料:要予約
■お申込み
一般財団法人 旭川産業創造プラザ 企業支援G
Tel:0166-73-9210,FAX:0166-68-2828
Mail:arc-net@arc-net.or.jp
※メールでのお申し込みの際には,ご所属・お名前・ご連絡先を忘れず明記してください。
FAXでのお申し込みの場合は、以下のPDFファイル↓にてお申込みください。
http://www.arc-net.or.jp/arc-net/data/pre0826.pdf

************************************************************************
  ★ 「夢づくりものづくり支援事業助成金」募集のお知らせ  ★
************************************************************************
 
 当財団では道北地域において”ものづくりに意欲のある企業”様を対象に、新製品・
新技術開発や販路拡大に対する助成事業を行っております。
 対象となる事業は、新製品・新技術等の開発及び開発後の事業化について明確な構想
等があるもの。可能性調査、ビジネスプランの検討、試作開発、販路拡大など、調査段
階から事業化段階のいずれの段階でも対象となります。
 例えば以下のような様々な分野における新製品開発や販路拡大等の応募を期待してい
ます。

 〇食品製造業 〇木・紙・繊維加工品製造業 〇窯業・土石製品製造業
 〇化学製品関連製造業 〇金属製品製造業 〇生産用機械器具製造業
 〇電気機械器具製造業 〇自動車関連製造業 〇情報通信業 〇その他の製造業など

■募集期間:令和元年7月8日(月)から8月23日(金)※消印有効
■応募方法:以下の必要書類を当財団へ提出し申請(8月23日〆切)
・様式第1号
・定款
・直近2か年の決算書
・その他参考資料
■採択件数:7件程度(予定)
■限 度 額:50万円以内
■対象事業期間:
令和元年4月1日~令和2年3月31日 若しくは
令和元年10月1日~令和2年9月30日
■チラシ
http://work.arc-net.co.jp/news01p/pkobo_news/upload/27-2.pdf
■応募様式
http://www.arc-net.or.jp/arc-net/data/yumemonosinseisho.doc
■記載例
http://work.arc-net.co.jp/news01p/pkobo_news/upload/27-1.pdf
■事業要領
http://work.arc-net.co.jp/news01p/pkobo_news/upload/27-3.pdf
■事務局・お問い合わせ先
〒078-8801 旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号旭川リサーチセンター
TEL0166-73-9210 FAX0166-68-2828
URL:http://www.arc-net.or.jp

************************************************************************
      ★   2日間で学ぶ!HACCP実践セミナー   ★
************************************************************************
 
 今回は、HACCPの基本を理解し、7原則12手順に沿って実践する内容となっております。
みなさまのご参加をお待ちしております。

■日 時:8月27日(火)、28日(水)2日間コース
     両日とも、10:00~16:00
■会 場:旭川リサーチセンター1階 会議室(旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号)
■講 師:旭川食品産業支援センターセンター長 浅野行蔵(北海道大学名誉教授/農学博士)
■チラシ
http://www.arc-net.or.jp/arc-net/data/shokukura0827.pdf
■お問合せ、参加申込み先
 旭川食品産業支援センター
 TEL:(0166)68-2824 FAX:(0166)68-2828 E-mail:fosup@arc-net.or.jp

************************************************************************
★連載「HACCP導入、運用のコツ」旭川食品産業支援センター長 浅野 行蔵★
************************************************************************
 
HACCPの導入、運用のコツ(18) 食品を扱う企業が、この夏に済ましておきたいこと

                  旭川食品産業支援センター 浅野 行蔵

 食品を扱う企業にとって来年4月からは、3つの法律が実施に移るので、この夏には
整備を終わりたいものです。当センターでも繰り返しセミナーを開いている(1)食品
成分表示、(2)栄養成分表示、そして(3)HACCP導入です。大きな法律の改正なので、
マスコミ、衛生関連企業など、たくさんの情報が流れています。中には的外れ情報も
あったり、商品の販売にたくみに誘導するものなどがあり、注意が必要です。
 センターでは、中小企業においても実施が可能で効果の高い対処法をわかりやすく
解説しています。毎月のセミナーに積極的にご参加下さい。8月27,28日はHACCP研修会、
9月26日は、栄養成分表示など表示や計算方法についての予定です。

************************************************************************
  ★  旭川食品産業支援センターから食品試験予定日のお知らせ  ★  
************************************************************************

 今月の食品試験予定日は

 8月5、6、19、20日です。

 利用される場合は、必ず事前にご連絡ください。

<注意点>
1、当センターの試験は、自主試験を代行するものであり、公的証明を行うも
  のではありません。
  公的証明書をご希望の方は、旭川市保健所等の検査機関をご利用ください。

2、試験の受託範囲は、旭川市、鷹栖町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町、
  上川町、東川町、美瑛町の1市8町に所在する食品事業者様が製造・販売
  する商品(加工食品)となります。

 連絡先:旭川食品産業支援センター (旭川産業創造プラザ 内)
     電話 0166-68-2824

************************************************************************
  ★ “NoMaps NEDO Dream Pitch” with 起業家万博のお知らせ ★ 
************************************************************************

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と経済産業省北海道経済産業局 は、
総務省北海道総合通信局等と合同で、『世界を目指す技術・アイディア(ビジネス
プラン)』を全国から募集します。

■概要
 技術シーズの事業化を目指している中小・ベンチャー企業等(起業前を含む)を
支援するためのプログラムであり、専門家による助言・指導や、ピッチコンテスト
及びマッチング機会の提供等を行います。
 新たな技術・アイディアを全国・世界に発信するとともに、これらの取組を通じて、
北海道から新しく大きな価値を生み出していくことを目指します。
■事業スケジュール
 2019年6月17日(月)
  ビジネスプランの募集開始
 2019年8月21日(水)12時
  募集締切
 2019年8月26日(月)
  一次審査(書面審査)結果通知
 2019年9月7日(土)
  集合研修(札幌市内で終日開催)
 2019年9月7日(土)以降
  個別メンタリング実施
 2019年10月16日(水)
  ピッチコンテスト開催(会場札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45 16階ACU-A)
■応募資格
・全国の中小・ベンチャー企業等(起業前から起業後概ね10年程度)
・具体的な技術シーズを活用したビジネスプランであること
・一次審査通過後、集合研修およびピッチコンテストに原則参加可能であること
■募集チラシ
 https://www.nedo.go.jp/content/100893939.pdf
■応募フォーム・お問い合わせ先など詳細はWebをご覧ください
 https://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP2_100107.html

************************************************************************
     ★ 食品産業生産性向上フォーラム2019を開催について ★
************************************************************************
 
 経済産業省北海道経済産業局及び農林水産省では、旭川市で「食品産業生産性
向上フォーラム」を開催します。
 本イベントでは、人手不足に悩む食料品製造業の課題解決を目的に、ロボット・
IoT関連企業による製品展示・商談会をはじめ、IoT活用によるHACCP管理・生産
効率化の方法やロボット導入のノウハウ、道内食品メーカーによるロボット・IoT
活用の事例紹介など、生産性向上を実現するために必要な情報を提供します。

■開催概要
 ・日時 2019年8月7日(水)13:00~17:00
 ・場所 旭川トーヨーホテル(旭川市7条通7丁目32)
 ・定員 100名

■プログラム
 ・展示・商談会  13:00~17:00
   ロボットメーカー等と対面相談できます。
   IoTツール・ロボット実機等の展示や、食品製造現場への導入・活用事例、
   各社プレゼンテーション。
  <出展企業(五十音順)>
   (株)ASCe、石垣電材(株)、ABB(株)、オムロン(株)、
   (株)シナプスイノベーション、デンソーウェーブ(株)、(株)ニッコー、
   (株)ハイテックシステム、北海道グローリー(株)、三菱電機(株)、
   美和電気工業(株)、安川電機(株)、菱電商事(株)、(株)ロボテック
 ・セミナー  13:00~15:30
  【基調講演】
    講演1:IoT活用によるHACCP管理と生産現場の効率化
        (株)シナプスイノベーション AI&IoT事業戦略室長 市川裕則氏
    講演2:中小食品製造業向け小型ロボットの導入How-to
        ABB(株) ロボティクス事業部長 中島秀一郎氏
  【食品製造業のスマート化事例紹介】
    講演1:日糧製パンの将来を見据えたスマート化戦略
        日糧製パン(株) 常務執行役員 塩見佳久氏
    講演2:グループで取り組むIoT導入による生産効率化
        (株)コスモジャパン 代表取締役 小林惣氏

■申込方法・申込先・お問い合わせ先等の詳しい内容はこちら↓
 https://www.hkd.meti.go.jp/hokcm/20190708/index.htm

************************************************************************
     ★ デザインを活用した商品開発セミナーのお知らせ ★
************************************************************************
 
 経済産業省北海道経済産業局では、デザイン活用の重要性や知的財産としての権利保護
の必要性を多くの方に知っていただくため、「デザインを活用した商品開発セミナー」を
開催いたします。
 本セミナーではデザインを活かした企業戦略の在り方や創出されたデザイン、ネーミン
グを保護・活用するための方策について専門家からわかりやすく説明いたします。
■日 時 2019年8月21日(水)14時00分から16時20分
■会 場 TKP札幌カンファレンスセンター
■講 師 鎌田順也氏、内藤拓郎氏
■申込・開催リーフレット↓
http://www.arc-net.or.jp/arc-net/data/2019dezainkatuyosemina.pdf
■お問い合わせ先
 パッケージデザインコンテスト北海道2019 事務局
   株式会社ノヴェロ  TEL:011-281-6631(10:00~17:00 土日祝除く)

************************************************************************
    ★ 女性の活躍推進と職場の風土・意識改革セミナー ★
************************************************************************
  
はたらくあさひかわを運営する旭川市経済総務課より、旭川市と北海道中小企業
家同友会道北あさひかわ支部共催の「女性の活躍推進と職場の風土・意識改革セ
ミナー」の参加案内を致します。
本セミナーでは、女性活躍推進の必要性や取組のポイント、先進事例、支援制度
等の紹介を行う予定です。
概要は以下のとおりです。

■日時
 令和元年8月26日(月)18:00~20:00
■会場
 イオンモール旭川駅前4階 イオンホール
 (旭川市宮下通7丁目)
■内容(予定)
 なぜ今、女性活躍推進なのか
 固定的性別役割分担意識の影響
 取組のポイント、先進事例の紹介
 支援制度の紹介 等 
■講師
 一般社団法人女性労働協会 女性就業支援専門員
 菅原 幸子氏
■主な対象者
 企業の経営者、人事担当者 
■定員
 130名
■参加費
 無料
■申込方法
 担当に以下の6点をお伝えください。
 1.会社名 2.所属 3.役職 4.氏名 5.電話番号 6.E-mail
■チラシ
http://www.arc-net.or.jp/arc-net/data/keizaisoumu0826.pdf
■担当(申込・問合先)
 〒070-0036
 北海道旭川市6条通10丁目 旭川市役所第三庁舎3階
 旭川市役所 経済部 経済総務課 雇用労政係
 TEL 0166(25)7152(直通) FAX 0166(26)7093
 E-mail keizaisomu@city.asahikawa.lg.jp

************************************************************************
 ★  【市内企業・団体の皆様へのお知らせ】
    人材育成制度と評価システムの見直し・導入を支援します!  ★
************************************************************************
  
旭川市では、キャリアコンサルタントを企業・団体に派遣し、人材育成制度と評
価システムの見直し・導入支援する事業を実施しております。【派遣・相談は無
料】
本事業を活用した従業員が生き生きと働ける職場づくりを通じて、採用・職場定
着率向上を目指しませんか。
事業の概要は以下のとおりです。(詳細は添付のチラシをご覧ください。)

■実施概要
 1.現状の調査・分析
 2.人材育成の体系的計画・最適な評価システムの策定支援
 3.従業員への研修や面談の実施
 4.効果測定、フォローアップ支援
■対象者
 次の5つを満たすことが必要です。
 1.旭川市内に事業所を有すること。
2.セルフ・キャリアドックの実施に関する体系的な計画の新規導入または既存
  の関連計画等の見直しを行い、本事業終了後も自社で管理・運用していく意
  思があること。
3.従業員に対する評価システムの新規導入または既存の関連システム等の見直
  しを行い、本事業終了後も自社で管理・運用していく意思があること。
4.本事業による支援内容や成果等を事例として公開することに同意すること。
5.暴力団及び風俗営業等に関連する事業を行う者ではないこと。
■定員
 10社
■派遣・相談料
 無料
■申込方法
 添付の申込票(word)に必要事項をご記入の上、電子データで担当へご提出く
ださい。(同じ内容をお電話でお受けすることも可能です。)
■申込票
http://www.arc-net.or.jp/arc-net/data/keizaisoumu_k_mousikomi.doc
■チラシ
http://www.arc-net.or.jp/arc-net/data/keizaisoumu_k.pdf
■担当(申込・問合先)
〒070-0036
 北海道旭川市6条通10丁目 旭川市役所第三庁舎3階
 旭川市役所 経済部 経済総務課 雇用労政係
 TEL 0166(25)7152(直通) FAX 0166(26)7093
 E-mail keizaisomu@city.asahikawa.lg.jp
■ホームページURL
https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/kurashi/364/392/work0003/d066576.html

************************************************************************
            ★  AMMコラム  ★
************************************************************************

■ここ数日は、旭川や札幌など道内各地で30℃を超える日が続き、30日には熱帯夜
(夜間から翌朝にかけての最低気温が25℃を下回らない夜)が観測されるなど、夏真
っ盛りといった感じですね。
しかも今年の夏は、湿度が高く、蒸し暑いので、カラッとしていて過ごしやすいという
北海道のイメージとは全く違った夏になっているような気がします。

■一方、今年の北海道は大雨等の被害もほとんどなく、晴天の日も多いため、今のところ
農作物の生育状況も悪くないようです。例年よりも雨が少ないため、それが今後どのよう
に影響がするのかが若干気になるところではありますが...。
それよりも、近年は地球温暖化の影響かはわかりませんが、北海道においても台風や大雨
などの影響を受けやすくなっていることから、これからの8月~9月の台風のシーズンを
なんとかうまく乗り切ることができればと願うばかりです。

■東京オリンピックまでついに1年を切りました。来年の今頃は毎日オリンピックのこと
が気になって、仕事が手につかなくなっているかもしれないですね。また、そういった間
接的な影響もそうですが、首都圏での開催ということで、展示会やイベントなどのスケジ
ュールも大幅に変更が予定されていることをはじめ、人、物、金のいずれの流れにも様々
な影響が出てくることが予想されることから、楽しみな反面、経済活動としては最後まで
やや不安が残る形になるのかもしれません。

■また、東京オリンピックの前後で、現在右肩上がりの外国人観光客の増減が将来的にど
のように推移していくのか、2025年の大阪万博も予定されていますが、建設ラッシュの一
因が無くなってしまうことで、建設業界などにはどういった影響が出てくるのか、オリン
ピック開催によって海外に対してJAPANブランドをどれだけ浸透させることができる
のか、それ次第では向こうしばらくの日本の経済が左右されるといったことも言われてお
り、これからの1年は特に重要な時間かもしれません。
...が日常において、なかなかそこまでの意識を持ってということは難しいですし、働き
方改革や消費税率の引き上げ、食品衛生法の改正などなど、どの企業様においても目の前
に問題が山積しているかと思いますので、オリンピック開催による直接的な恩恵を受ける
ということは簡単なことではないのかなぁと残り1年を切って改めて感じているところ
です。(T)

 *この欄は、毎回スタッフが交代で担当します。

──────────────────────────────────
※これまでいただきましたお名刺や,セミナーへの出席申し込みなどにより
いただきましたE-Mailアドレスをもとにお送りしています。
──────────────────────────────────
#.メールマガジン配信先変更・購読中止について
●お届けするE-Mailアドレスの変更や購読解除は次のところから行ってくだ
さい。
http://www.arc-net.or.jp/arc-net/mailmagazine/formoff.html


★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*★*☆*★
一般財団法人 旭川産業創造プラザ
〒078-8801  北海道旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号
旭川リサーチパーク内
Tel:0166-68-2820    Fax:0166-68-2828
H P:http://www.arc-net.or.jp/
E-mail:arc-net@arc-net.or.jp
★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*★*☆*★

バックナンバー一覧へ

▲ページの先頭へ