ホーム » メールマガジン » バックナンバー » 第418号

バックナンバー

第418号

***********************************************************************
 ■■■  ■    ■ ■   ■
■   ■ ■■ ■■ ■■ ■■     【AIRC Mail Magazine 】
■   ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■■■■■ ■   ■ ■   ■     第418号(2018年8月1日発行)
■   ■ ■    ■ ■   ■
********************************************** (一財)旭川産業創造プラザ

■Contents;
◇(一財)旭川産業創造プラザからのお知らせ◇
1.あさひかわBizCafeについて
2.「夢づくりものづくり支援事業助成金」募集のお知らせ
3.飲食店経営者のための集客・売上・利益アップセミナー
4.旭川食品産業支援センターから食品試験予定日のお知らせ
5.HACCP導入セミナーのお知らせ
6.連載「HACCP導入、運用のコツ」旭川食品産業支援センター長 浅野 行蔵

◇関係機関からのお知らせ◇
7.”No Maps NEDO Dream Pitch”with 起業家万博のお知らせ
8.「北海道創業ビジネスグランプリ」の開催について
9.「紙1枚の事業計画書」セミナー開催のお知らせ
10.北海道農商工連携ファンド事業 2次募集について

◇AMMコラム◇

************************************************************************
    ★創業セミナー「あさひかわBizCafe」参加者募集について★
************************************************************************

 創業セミナー「あさひかわBizCafe」参加者募集中です!

「あさひかわBizCafe」は起業に必要な知識やノウハウを学び、志を共にする起業
家同士の交流ができます。また、各機関が様々な立場から皆様の起業を応援します。
8月開催分は、「創業に向けての夢探し」をテーマに中小企業診断士の石丸信義
氏を迎え、セミナー及び交流会を行います。

 受講を希望される方は、旭川産業創造プラザ企業支援グループまでご連絡くだ
さい。

【対  象】
・起業準備中の方、近い将来起業を考えている方、起業後間もない方、起業に関
 心のある方、事業承継する予定の後継者の方、第2創業、新分野進出を検討中
 の方など
・年齢、性別、国籍、職業は問いません。(高校生、大学生も可)

【開講日時】
 平成30年8月23日(木)18:30~
 ・セミナー 18:30~19:45
 ・交流会  19:45~20:30

【会  場】machibar(マチバル) 旭川市2条通8丁目

【費  用】セミナー500円/回、交流会 1,000円/回

【お問い合わせ・お申込み】
 (一財)旭川産業創造プラザ 企業支援グループ
 TEL 0166-68-2820
 FAX 0166-68-2828
 E-mail arc-net@arc-net.or.jp

※詳しくはこちら
http://www.arc-net.or.jp/arc-net/varioussupport/bizcafe.html

************************************************************************
   ★ 「夢づくり・ものづくり支援事業(助成事業)」のお知らせ ★
************************************************************************

~意欲のある道北地域企業の新製品・新技術開発~販路拡大を応援します!~

 当財団では道北地域において”ものづくりに意欲のある企業”様を対象に、新
製品・新技術開発や販路拡大に対する助成事業を行っております。

 対象となる事業は、新製品・新技術等の開発及び開発後の事業化について明確
な構想等があるもの。可能性調査、ビジネスプランの検討、試作開発、販路拡大
など、調査段階から事業化段階のいずれの段階でも対象となります。

 例えば以下のような様々な分野における新製品開発や販路拡大等の応募を期待
しています。

 〇食品製造業
 〇木・紙・繊維加工品製造業
 〇窯業・土石製品製造業
 〇化学製品関連製造業
 〇金属製品製造業
 〇生産用機械器具製造業
 〇電気機械器具製造業
 〇自動車関連製造業
 〇情報通信業
 〇その他の製造業など

■募集期間:平成30年7月9日(月)~8月17日(金)※消印有効

■応募方法:以下の必要書類を当財団へ提出し申請(8月17日〆切)
・様式第1号
・定款
・直近2か年の決算書
・その他参考資料

■採択件数:7件程度(予定)

■限 度 額:50万円以内

■対象事業期間:
平成30年4月1日~平成31年3月31日 若しくは
平成30年10月1日~平成31年9月30日

<事務局・お問い合わせ先>
〒078-8801
旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号旭川リサーチセンター
TEL0166-68-2820FAX0166-68-2828
URL:http://www.arc-net.or.jp

※応募様式
 ・様式1(Word形式)
 http://www.arc-net.co.jp/arc-net/data/H30_yumemono_01.docx
 ・様式1(PDF形式)
 http://www.arc-net.co.jp/arc-net/data/H30_yumemono_01.pdf

※チラシ
 ・H30夢ものチラシ
 http://www.arc-net.co.jp/arc-net/data/H30_yumemono_chirashi.pdf

************************************************************************
   ★ 飲食店経営者のための集客・売上・利益アップセミナー ★
************************************************************************
 
 ~具体的な対策事例を交えて大公開いたします!~
 
 日本政策金融公庫旭川支店と旭川産業創造プラザの共催で、飲食店経営者へ
向けた、集客・売上・利益アップセミナーを開催いたします。

 講師には、年間300件以上の飲食店の増客増収支援を実施した実績を持つ、
一般社団法人 フードアカウンティング協会アドバイザーの遠山景子氏をお呼び
し、具体的な対策事例を交えた講演をしていただく予定です。

 皆様の参加、お待ちしております! 

■内容
 ① お店の認知度UPで新規客を集客する方法
  商圏内にはお店のことを知らなくてまだ来店したことがないお客様がたくさ
 ん存在します。効率的にお店の認知度を上げ、新規客を集客する具体的な対策
 についてお伝えいたします!
 
 ② 客単価&利益率UPで利益UPする方法
  客単価や利益が思うように上がらないのを景気のせいにしていませんか!?
 取り組み方次第で、みなさんのお店も客単価・利益UPは実現できます!

■日時
 2018年8月29日(水)
 14:00~16:30(開場13:30)

■場所
 アートホテル旭川(旭川市7条通6丁目)

■参加費・定員
 無料・先着30名

■セミナーお申込先・お問い合わせ先
 日本政策金融公庫 旭川支店 国民生活事業 (担当:坂口)
 〒070-0034 旭川市4条通9丁目1704‐12 朝日生命ビル1階
 TEL:(0166)23-5241 FAX:(0166)25-8087

■お申込方法
 参加申込書(下記URL)にご記入の上、FAX、メールまたは郵送にてお申込
み下さい。

※メールでお申込みの方:メール本文に参加申込書と同内容を記載のうえ下記ア
 ドレスへご送信下さい。
 E-mail:sakaguchi-h@jfc.go.jp

↓チラシ兼申込書
https://www.jfc.go.jp/n/seminar/pdf/seminar180615b.pdf

************************************************************************
★ 旭川食品産業支援センターから食品試験予定日のお知らせ ★
************************************************************************

今月の食品試験予定日は

 8月6、7、13、14、20、21、27、28日です。

 利用される場合は、必ず事前にご連絡ください。

<注意点>
1、当センターの試験は、自主試験を代行するものであり、公的証明を行うも
  のではありません。
  公的証明書をご希望の方は、旭川市保健所等の検査機関をご利用ください。

2、試験の受託範囲は、旭川市、鷹栖町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町、
  上川町、東川町、美瑛町の1市8町に所在する食品事業者様が製造・販売
  する商品(加工食品)となります。

 連絡先:旭川食品産業支援センター (旭川産業創造プラザ 内)
     電話 0166-68-2824

************************************************************************
       ★  HACCP導入セミナーのお知らせ  ★    
************************************************************************

~実践から学ぶ!HACCP導入のポイント~

 食品衛生法が改正されたことにより、今後、HACCPに沿った衛生管理が求められ
るようになります。

「衛生管理とHACCPの関係性」や「HACCP導入のメリット」を正しく理解していま
すか?

 危害要因分析、許容限界の設定って何のこと?何から始めたらいいの?など、
導入にあたっては、様々な疑問を解決し、正しい知識を身に着けることが何より
大切です。

 今回のセミナーは、HACCPを実践・体験するなど、基本から実践まで、効果的に
学ぶことができる内容となっています。近々、HACCP導入を検討している食品等事
業者の皆様をはじめ、多くの方々のご参加をお待ちしております。

●日 付:8月23日(木)、24日(金)の2日間コース
●時 間:両日とも10:00~16:00
●場 所:旭川リサーチセンター(旭川市緑が丘東1条3丁目1-6)
●定 員:15名程度
●講 師:旭川食品産業支援センター センター長 浅野 行蔵
     (北海道大学名誉教授 農学博士,技術士(生物工学/総合技術監理))
●申込み先:TEL:0166-68-2824 FAX:0166-68-2828
      E-mail:fosup@arc-net.or.jp

↓チラシ
http://work.arc-net.co.jp/news01p/pkobo_news/upload/28-0.pdf

************************************************************************
★連載「HACCP導入、運用のコツ」旭川食品産業支援センター長 浅野 行蔵★
************************************************************************

HACCPの導入、運用のコツ(9)
                 旭川食品産業支援センター長 浅野行蔵

 今月は「HACCP認証」です。HACCPというと「認証」と直結して受け取る方が多
いです。6月に改正食品衛生法が国会を通り、HACCPは食品関連の全ての企業が実
施すること、という法律です。

 法制化が議論されだした当初は、「義務化」という強い用語も用いられていま
したが、その後トーンが変わり、制度化、法制化と言われるようになりました。
全ての食品企業が「HACCPを使用している」という姿勢をまず示すこととなりま
した。法のもとHACCPを実施しているのですから、認証は不要なのです。世界共
通のCodexのHACCPなので、輸出の際もHACCPのもとで製造したと明記できます。

 当センターでは、利用価値のあるCodexのHACCPの導入をお手伝いしております。
セミナーを実施し、個別のご相談も受け付けています。

************************************************************************
  ★ ”No Maps NEDO Dream Pitch”with 起業家万博のお知らせ ★
************************************************************************

 経済産業省北海道経済産業局と(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構
(NEDO)は、総務省北海道総合通信局等と合同で、「世界を目指す技術・アイディ
ア(ビジネスプラン)」を全国から募集します。

 ベンチャー支援プログラム「“No Maps NEDO Dream Pitch” with 起業家万博」
は、札幌市内を中心に開催されるクリエイティブコンベンション「No Maps 2018」
との連携事業として実施します。

 コンテスト優秀チームには、東京で開催される全国規模のピッチコンテストや
海外イベントへの参加機会等を提供します。

■事業概要
 北海道は、豊かで広大な自然、食や観光等に強みを有し、先駆的な新事業の実
証フィールドとなる潜在力を持っています。一方で、急激に進展する少子高齢化
による深刻な労働力不足等の課題を抱える課題先進地でもあります。
 本事業では、北海道の強みを伸ばし課題解決に繋がる「新技術」と斬新な「ア
イディア」を有するビジネスプランを全国から募集し、ピッチコンテストを実施
するほか、専門家による助言・指導やマッチング機会を提供します。また、応募
された新たな技術・アイディアを、主催者が全国・世界に発信し、北海道から新
しく大きな価値を生み出していくことを支援します。

■事業スケジュール
 平成30年6月29日(金)
  ビジネスプランの募集開始
 平成30年8月22日(水)
  17:00募集締切
 平成30年8月27日(月)
  一次審査(書面審査)結果通知
 平成30年9月8日(土)
  集合研修(札幌市内で終日開催)
 平成30年9月8日(土)
  以降、個別メンタリング実施
 平成30年10月11日(木)
  ピッチコンテスト開催

■ピッチコンテストの開催概要(予定)
【日時】
平成30年10月11日(木)13:30~
【場所】
KRAPS HALL(札幌市中央区南4条西6丁目5番 タイムズステーション札幌1階)
【出場定員】
最大10チーム程度
【表彰】
No Maps NEDO Dream Pitch及び起業家万博それぞれの基準で設定します。

  ↓リーフレット(PDF形式/887KB)
  http://www.hkd.meti.go.jp/hokig/20180629_2/profile.pdf

■応募資格
 全国の個人・事業者等。(起業していない個人・研究者・研究チームから、起
業後概ね10年程度までを対象。)

 具体的な技術シーズを活用し、それに基づく事業構想を有する個人・事業者等
であって、我が国の経済活性化に寄与すると認められる応募内容であること。
(過去に応募した個人・事業者でも、これまで応募した内容と異なっていれば応
募可能。)

<技術・アイディアの例>
農林水産業×テクノロジー(ロボット、IoT、バイオ等)
生産・品質・流通×テクノロジー(AI、センシング、鮮度保持等)
観光×テクノロジー(IT・ビックデータ等) など

 一次審査(書面審査)通過後、集合研修及びピッチコンテスト当日に原則参加
可能であること。(参加費無料。遠方(会場から80km以上)から参加する場合に
限り、交通費は事務局で負担。一部交流会参加費及び飲食費用は参加者負担。)

■応募方法
 応募方法等、事業の詳細については、以下のウェブサイトをご覧ください。

 ↓“No Maps NEDO Dream Pitch” with 起業家万博(公式ウェブサイト)
 https://nedo-tcp.jp/NEDO_TCP/

■募集締切
  8月22日(水)17:00まで
 ※プラン添削希望者は、8月8日(水)17:00まで

【主催】
 経済産業省北海道経済産業局、(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構
 (NEDO)
【共催】
 総務省北海道総合通信局、(国研)情報通信研究機構(NICT)
【協力】
 (一社)北海道モバイルコンテンツ・ビジネス協議会
【特別協力】
 No Maps実行委員会

************************************************************************
   ★  「北海道創業ビジネスグランプリ」の開催について  ★
************************************************************************
 
 北海道では、道内における創業を促進し、地域の経済の活性化を図るため、地
域の課題をビジネスの手法によって解決するための優れた事業計画を有する方を
表彰するための「北海道創業ビジネスグランプリ」を開催するとともに、受賞さ
れた方に対してはクラウドファンディング型ふるさと納税を活用して、創業に要
する経費の一部を補助します。

 現在、グランプリ出場者を募集しております。詳細につきましては、募集要領
等でご確認ください。

■募集対象者
・地域課題を解決する創業計画を持つ事業を営んでいない個人であって、補助金
 の交付決定日(11月中旬頃)から平成31年3月末までに、中小企業者であ
 る会社又は個人事業主、企業組合として新たに道内で創業する予定の方。

・地域予選会、本選審査、表彰式に出席し、プレゼンテーションができること。
 ※詳しい応募条件は下の募集要領・補助交付要綱でご確認ください。

■表彰の内容
 全道最優秀賞(1名)、全道優秀賞(1名)、全道特別賞(1名)、
 地域優秀賞(3名)

■支援内容
 クラウドファンディング型ふるさと納税を活用して、受賞された方に対し創業
に必要な経費の一部を補助します。

・全道最優秀賞、全道優秀賞、全道特別賞を受賞した方
 補助限度額:200万円以内(ふるさと納税額の2倍を上限)

・地域優秀賞を受賞した方
 補助限度額:100万円以内(ふるさと納税額を上限)

■表彰までの流れ
1.書類審査により、地域予選会出場者を決定
2.各地域予選会で1番になった者が本選審査に出場
3.本選審査にて全道特別賞等の受賞者を決定
4.表彰式にて表彰

■地域予選会
9月 1日(土):釧路市交流プラザさいわい(釧路市)
9月 2日(日):十勝総合振興局(帯広市)
9月 8日(土):旭川勤労者福祉会館(旭川市)
9月 9日(日):北見市民会館(北見市)
9月15日(土):かでる2・7(札幌市)
9月17日(月・祝):サン・リフレ函館(函館市)

※開催時間はいずれも14:30から2時間30分程度を予定
 (開場は14:00から)

■本選審査・表彰式
10月14日(日):道庁赤れんが庁舎(札幌市)

※本選審査は午前中を予定
※表彰式は13:30から2時間程度を予定(開場は13:00から)

■募集締切
平成30年8月10日(金)必着

■応募方法
応募用紙に必要事項を記入の上、持参または郵送にて下記までご提出ください。

■提出先
〒060-8588
北海道札幌市中央区北3条西6丁目
北海道経済部地域経済局中小企業課中小企業支援グループ

■問い合わせ電話番号・メールアドレス
電話:011-204-5331
E-mail:keizai.chushokigyo@pref.hokkaido.lg.jp

※募集要領
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/file.jsp?id=1124071

※補助金交付要綱
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/file.jsp?id=1124072

※応募用紙
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/file.jsp?id=1124094 (Word)
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/file.jsp?id=1124480 (PDF)

※応募用紙(記載例)
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/file.jsp?id=1124126

************************************************************************
    ★ 「紙1枚の事業計画書」セミナー開催のお知らせ ★
************************************************************************

   ~計画作成・目標達成に役立つ!2時間で学ぶ計画策定の要所~

 旭川商工会議所では、新規事業や販路開拓といった先を見据えた計画作りなど、
様々な計画作りに活用できる「1枚の事業計画書」作成のポイントを学ぶセミナ
ーを開催いたします。

■日  時:平成30年8月21日(火)14:00~16:00

■場  所:道北経済センター2階ホール(旭川市常盤通1丁目)

■受 講 料:無料

■講座内容
 事業計画作りが業績アップにつながる理由
 「1枚事業計画」なら始めやすい
 経営の先行きを「見える化」する
 プロが教える事業計画作りのコツ 等

■お問い合わせ・お申込み
 ホームページから申込書をダウンロードいただき、必要事項をご記入のうえ
 FAXにてお申し込みください。

 旭川商工会議所産業支援部経営支援課
 TEL 0166-22-8414 FAX 0166-22-2600
URL http://www.ccia.or.jp
 E-mail info@ccia.or.jp 

↓チラシ
http://work.arc-net.co.jp/news01p/pkobo_news/upload/29-0.pdf

************************************************************************
    ★ 北海道農商工連携ファンド事業 2次募集について ★
************************************************************************

 北海道農商工連携ファンドは、農林漁業者と中小企業者が取組む、北海道の農
林水産資源を活用した新事業に対する助成を通じて、「食」「観光」「ものづく
り」分野での新商品・新サービスの開発等の取組を加速することを目的としてお
り、農商工連携の取組みを支援します。

■助成対象事業 「事業化推進事業」
農林漁業者と中小企業者等で構成される連携体により、新商品・新サービスの開
発から販路開拓までの事業化実現に向けた取組みを行う事業
※単なる原材料供給な どの通常の取引は除きます。

■助成限度額
200万円以内/年(機械等開発 500万円以内/年)
※助成期間は 3 年以内・継続助成を保証するものではありません。
※助成金は実績報告と実地検査終了後の「精算払い」となります。

■助成率
食分野(2/3以内)・その他(1/2以内)

■応募方法
「平成 30 年度 北海道農商工連携ファンド事業募集要項」に従って、「北海道
農商工連携ファンド助成金助成事業計画書」と「添付書類」を下記の募集期間内
に提出してください。

≪募集期間≫ 平成28年7月9日(月)~9月28日(金)必着

■提出先・お問い合わせ先
北海道商工会連合会 組織経営支援部企業支援課
〒060-8607 札幌市中央区北 1 条西 7 丁目 プレスト 1・7 ビル 4 階
TEL:011-251-0102 FAX:011-221-6686 E-Mail:kigyo@do-shokoren.or.jp
 

↓詳細はこちら
http://www.shokokai.hokkaido.jp/fund/

************************************************************************
            ★  AMMコラム  ★
************************************************************************

■今年の7月前半は雨も多く、気温も上がらず、海開きはいつになるのか、農作
物の生育は大丈夫だろうかなどと心配になる日が続いていました。

■それどころか梅雨前線と台風の影響により、広島や岡山をはじめ西日本では記
録的な豪雨により多数の死者も出るなど大きな被害に発展してしまったことや、
旭川でも7月3日の大雨により石狩川の一部やペーパン川が氾濫したことなどに
より、浸水被害にあわれた方もいらっしゃったかと思います。

■そうかと思えば、7月下旬からは猛烈に暑い日が続いており、今年の夏は暑く
なると早い時期から言われてはいましたが、先週から30℃以上の気温が連日続
いており、夜も寝苦しいといった毎日になっています。

■さらに、国内では7月23日に埼玉県熊谷市で日本観測史上最高の41.1℃が
記録されたほか、東京でも初の40℃越えなど、暑さに関する記録が次々と更新
されており、雨に暑さに今年の夏は本当におかしな状況になっています。

■暑い日が続く中、よりいっそう暑くなってしまうお話をしてしまいましたが、
これからもしばらくは暑い日が続きますので、忙しい仕事中はつい水分をとるこ
とを忘れてしまいがちですが、水分と塩分をあわせて補給しながら熱中症になら
ないよう、くれぐれもお気をつけください。

■また、この季節はお祭りなどのイベントも多く、にぎやかで楽しい時期ではあ
りますが、暑い中での食事や屋外の出店などでは食中毒のリスクも格段に上がっ
ていますので、食品を提供する側の方はもちろん、食事をする側の方も、食材の
保管方法や手洗いなど、基本に立ち戻ることで防げるケースも多くありますので、
楽しい夏を楽しいままで終われるよう、こちらも今一度お気を付けいただければ
と思います。(T)

* この欄は、毎回スタッフが交代で担当します。


──────────────────────────────────
※これまでいただきましたお名刺や,セミナーへの出席申し込みなどにより
いただきましたE-Mailアドレスをもとにお送りしています。
──────────────────────────────────
#.メールマガジン配信先変更・購読中止について
●お届けするE-Mailアドレスの変更や購読解除は次のところから行ってくだ
さい。
http://www.arc-net.or.jp/arc-net/mailmagazine/formoff.html


★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*★*☆*★
一般財団法人 旭川産業創造プラザ
〒078-8801  北海道旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号
旭川リサーチパーク内
Tel:0166-68-2820    Fax:0166-68-2828
H P:http://www.arc-net.or.jp/
E-mail:arc-net@arc-net.or.jp
★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*★*☆*★

バックナンバー一覧へ

▲ページの先頭へ