ホーム » メールマガジン » バックナンバー » 第407号

バックナンバー

第407号

***********************************************************************
 ■■■  ■    ■ ■   ■
■   ■ ■■ ■■ ■■ ■■     【AIRC Mail Magazine 】
■   ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■■■■■ ■   ■ ■   ■     第407号(2018年2月1日発行)
■   ■ ■    ■ ■   ■
********************************************** (一財)旭川産業創造プラザ

■Contents;
◇(一財)旭川産業創造プラザからのお知らせ◇
1.旭川食品産業支援センターからのお知らせ
2.旭川食品産業支援センターから食品試験予定日のお知らせ
3.旭川食品産業支援センター 浅野センター長からのお知らせ

◇関係機関からのお知らせ◇
4.ユニバーサルデザインセミナーの開催について
5.海外展示会・商談のリスク対策研修会の開催について
6.「不当要求(悪質クレーマー等)対策セミナー」のご案内

◇AMMコラム◇

************************************************************************
★ 旭川食品産業支援センターからのお知らせ ★
************************************************************************

 商品開発支援における、食品試験の「たんぱく質」について

 現在、たんぱく質の試験に使用する機器が故障により
「たんぱく質」の試験の申し込みを一時停止いたします。
ご利用予定のある方にはご不便をおかけします。
再開できましたら紙面にてご連絡いたしますのでよろしくお願いします。

 旭川食品産業支援センター 事務局

************************************************************************
★ 旭川食品産業支援センターから食品試験予定日のお知らせ ★
************************************************************************

今月の食品試験予定日は
2月4、5、13、19、20、26、27日です。

 利用される場合は、必ず事前にご連絡ください。

<注意点>
1、当センターの試験は、自主試験を代行するものであり、公的証明を行うも
のではありません。
公的証明書を御希望の方は、旭川市保健所等の検査機関をご利用ください。

2、試験の受託範囲は、旭川市、鷹栖町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町、
上川町、東川町、美瑛町の1市8町に所在する食品事業者様が製造・販売
する商品(加工食品)となります。

 連絡先 旭川食品産業支援センター (旭川産業創造プラザ 内)
電話 0166-68-2824

************************************************************************
★ 旭川食品産業支援センター 浅野センター長からのお知らせ ★
************************************************************************

HACCPの導入、運用のコツ(3)
旭川食品産業支援センター長 浅野行蔵

 今回は、HACCPテキスト(下記URL)の手順2です。ここでは、HACCPプランを作
る食品の情報を表にします。まず名称、原材料、添加物、賞味期限を書くととも
に、食品のpHや水分活性などの仕様も決まっておれば書き出します。包材の種類
や特徴(酸素透過性、窒素充填、脱酸素剤)も入れましょう。内容量、包装単位
もいれます。容量の異なる複数の商品があっても、その中の一つに絞ってHACCP
プランを作るのです。容量が異なっても製造工程が異なることがあるからです。
たくさんの種類を製造している会社でも、HACCPプランは、このように一つ一つの
商品に焦点を絞って作成するのです。食の安全は十把一絡げでは漏れが出てしま
うのです。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/haccp_leafleta_24.pdf

 

************************************************************************
★ ユニバーサルデザインセミナーの開催について ★
************************************************************************

 旭川市では,ユニバーサルデザインについて広く知っていただくため,「ユニ
バーサルデザインによるモノ・コト・まちづくり」と題しまして,セミナーを開
催致します。

 講師には,日産自動車株式会社でカーデザインに約20年間携わり,その後,筑
波大学での学長補佐や日本デザイン学会理事を歴任された札幌市立大学学長の蓮
見孝様をお招きし,ご講演いただきます。

 講演では,「使いやすさのデザイン」から「まちづくり」までいくつもの具体
例を挙げながらユニバーサルデザインにおける現在と将来の展開について分かり
やすく説明します。

ご興味のある方は,是非,御参加ください。よろしくお願い致します。

※本セミナーは,旭川市からの業務委託により(一社)旭川ウェルビーイング・
コンソーシアムが実施いたします。

■日時:平成30年3月2日(金)18:30~20:00
■場所:旭川トーヨーホテル(旭川市7条通7丁目右1号)
■定員:50名
■申込方法:申込用紙を御記入の上,Fax又はEメールにて申込みください。
■申込先:一般社団法人旭川ウェルビーイング・コンソーシアム
FAX:0166-26-0338,Eメール:awbcsns2013@gmail.com
TEL:0166-26-0338

※詳しくはこちら↓
http://www.arc-net.co.jp/arc-net/data/H30_universal_seminar2.pdf

************************************************************************
★ 海外展示会・商談のリスク対策研修会の開催について  ★
************************************************************************

 北海道産の農水産品や菓子などが「北海道ブランド」として海外でも人気を博
する中,海外における模倣品の流通や商標の先取り出願などが問題となり,知的
財産のリスク対策の重要性が高まっています。
食品などの海外展開の第一歩となる海外展示会への出展や,商談の場面に潜む
知財リスクやその対策法について解説する研修会を開催します。
受講者には,今年度作成したリスク対策マニュアルを配布します。
この機会に是非ご参加ください。

■日時:平成30年2月7日(水)15:00~17:00
■場所:道北経済センター6階 研修室(旭川市常盤通1丁目)
■定員:30名
■対象:海外進出を検討している道内中小企業等の経営者,担当者等
■主催:経済産業省北海道経済産業局
■申込先:一般社団法人 北海道発明協会
TEL:011-747-7481
FAX:011-747-8253,Eメール:seminar@jiii-h.jp

※詳しくはこちら↓
http://www.jiii-h.jp/news/detail.php?no=1516584196

************************************************************************
★ 「不当要求(悪質クレーマー等)対策セミナー」のご案内 ★
************************************************************************

 あらゆる業種・業態においてクレーム対応は避けて通ることのできない課題で
すが、中には理不尽極まりない要求で組織を悩ますケースもあります。
反社会的勢力による不当要求や、理不尽な要求を行う顧客(悪質クレーマー)
に関する具体的なケースについて、複数の弁護士によるパネルディスカッション
や基本的事項の解説など分かりやすい講義を行います。

■開催日時:平成30年2月16日(金) 午後2時~午後4時

■開催場所:旭川市民文化会館 大会議室(7条通9丁目)

■定  員:100名(※先着申込順)

■参 加 費:無料

■講  師:弁護士法人ほくと総合法律事務所 旭川オフィス
元日本弁護士連合会民事介入暴力対策委員会委員長
弁護士 成川 毅 氏(旭川弁護士会所属)
他、総勢6名の先生方を予定。
(廣田 善康氏、小門 史子氏、池田 めぐみ氏、淺野 綾子氏、
佐々木 啓太氏)

■申込方法:2月2日(金)までに、参加される方の氏名・所属・連絡先を、
メールまたはFAXで送付いただくか、電話によりお申し込み
ください。
(定員に達した場合は締め切らせていただきます。)

■申 込 先:〒070-8525 旭川市6条通10丁目(旭川市第三庁舎1階)
旭川市防災安全部交通防犯課内 旭川市暴力追放運動推進協議会事務局
TEL:0166-25-6215(月~金 8:45~17:15)
FAX:0166-25-9835
電子メール:kotsubohan@city.asahikawa.lg.jp

※詳しくはこちら↓
http://www.arc-net.co.jp/arc-net/data/H30_hutoyokyu_02.pdf

************************************************************************
★  AMMコラム  ★
************************************************************************

■今年も早1か月が経過しました。年が明けたなと思ったのもつかの間、既に1
年の12分の1を終えてしまっています。私事ですが、昨年4月にこの職場に配
属になって早10か月が経ちました。■光陰矢の如しとは言いますが、矢であれ
ば徐々にそのスピードも減退し、いずれは地面に落ちて止まってしまうところで
すが、不思議と時間はどんどんと加速していっているような気さえもします。
■どこかで聞いたある法則(ジャネの法則?)では、体感時間における人生の折
り返し地点は20歳前後で、生まれてから20歳までと20歳から人生が終わる
までの時間が同じくらいに感じられるそうです。自分自身、その法則を始めて聞
いた10代後半くらいの時には全く実感がわかなかったのですが、それから倍近
い年齢となった今はそれを痛いほどに感じています。■また、ある話では歳を重
ねるごとに時間が早く感じられるのは、子どもの時とは違って新しい経験や発見
が減ってくるため、生活に新鮮味が無くなっていくからだとも言います。ただ、
この話には若干違和感があり、この職場に来てからは新しいことの連続のはずな
のに、時間が瞬く間に経過しています…■時間の感じ方については一概に言えな
いところもありますが、あとから振り返った時により多くのことが思い出せるよ
うに、日々たくさんの新しい経験を積んでいきたいところですね。■2018年
の残り11か月が皆様にとっても良い思い出の引き出しが増える時間であります
ようにお祈りして、この辺りで筆を置かせていただきます。今年も残り11か月
どうぞよろしくお願いいたします。(T)

──────────────────────────────────
※これまでいただきましたお名刺や,セミナーへの出席申し込みなどにより
いただきましたE-Mailアドレスをもとにお送りしています。
──────────────────────────────────
#.メールマガジン配信先変更・購読中止について
●お届けするE-Mailアドレスの変更や購読解除は次のところから行ってくだ
さい。
http://www.arc-net.or.jp/arc-net/mailmagazine/formoff.html


★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*★*☆*★
一般財団法人 旭川産業創造プラザ
〒078-8801  北海道旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号
旭川リサーチパーク内
Tel:0166-68-2820    Fax:0166-68-2828
H P:http://www.arc-net.or.jp/
E-mail:arc-net@arc-net.or.jp
★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*★*☆*★

バックナンバー一覧へ

▲ページの先頭へ