ホーム » メールマガジン » バックナンバー » 第387号

バックナンバー

第387号


***********************************************************************
 ■■■  ■    ■ ■   ■
■   ■ ■■ ■■ ■■ ■■     【AIRC Mail Magazine 】
■   ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■■■■■ ■   ■ ■   ■     第387号(2017年4月4日発行)
■   ■ ■    ■ ■   ■
********************************************** (一財)旭川産業創造プラザ

■Contents;
◇(一財)旭川産業創造プラザからのお知らせ◇
1.「平成29年度あさひかわBizCafe」の受講者募集のお知らせ
2.旭川食品産業支援センターからのお知らせ

◇関係機関からのお知らせ◇
3.「はばたく中小企業・小規模事業者300社」・「はばたく商店街30選」2017
4.平成29年度のミラサポ専門家派遣事業について

◇AMMコラム◇

************************************************************************
★ 「平成29年度あさひかわBizCafe」の登録会員募集のお知らせ ★
************************************************************************

起業家を目指す方や起業後間もない方など、自らの夢と希望をビジネスを通じ
て実現したい方を応援するため、「平成29年度あさひかわBizCafe」を開講致し
ます。起業に必要な知識やノウハウを学び、志を共にする起業家同士での交流が
できます。

また、各機関が様々な立場から皆様の起業を応援します。受講を希望される方
は、旭川産業創造プラザ企業支援グループまでご連絡ください。

【対 象】
・起業準備中の方、近い将来起業を考えている方、起業後間もない方、起業に
関心のある方、 事業承継する予定の後継者の方、第2創業、新分野進出を
検討中の方など
・年齢、性別、国籍、職業は問いません。(高校生、大学生も可)

【開講日時】
4/20、5/18、6/15、7/20、8/24、9/21、10/19、11/16、12/14、1/18、2/15、
3/15
いずれも18:30~20:30 *交流会含む

【費  用】セミナー500円/回、交流会実費(1,000円程度)

【お問い合わせ・お申込み】
(一財)旭川産業創造プラザ 企業支援グループ
TEL 0166-68-2820
FAX 0166-68-2828
E-mail arc-net@arc-net.or.jp

※詳しくはこちら
http://www.arc-net.or.jp/arc-net/varioussupport/bizcafe.html
(内容は平成28年度のものですが、近日中にアップロードいたします)

************************************************************************
★ 旭川食品産業支援センターからのお知らせ ★
************************************************************************

今月の食品試験予定日は
4月10、11、17、18、24、25日です。

 利用される場合は、必ず事前にご連絡ください。

<注意点>
1、当センターの試験は、自主試験を代行するものであり、公的証明を行うも
のではありません。
公的証明書を御希望の方は、旭川市保健所等の検査機関をご利用ください。

2、試験の受託範囲は、旭川市、鷹栖町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町、
上川町、東川町、美瑛町の1市8町に所在する食品事業者様が製造・販売
する商品(加工食品)となります。

 連絡先 旭川食品産業支援センター (旭川産業創造プラザ 内)
電話 0166-68-2824

************************************************************************
★「はばたく中小企業・小規模事業者300社」・「はばたく商店街30選」2017 ★
************************************************************************

 我が国の事業者の99%を占める中小企業・小規模事業者は、地域経済と雇用を
支えていることに加え、我が国の国際競争力と経済活力の源泉です。また、地域
の暮らしを支える生活基盤である商店街は、地域の魅力を発信し、地域の活力を
向上させる要の存在です。

 しかし、少子高齢化による人口減やグローバル化の進展など、我が国の経済・
社会を取り巻く構造的な変化によって、中小企業・小規模事業者は、更なる稼ぐ
力を強化するための生産性向上や国内外の需要の取り込み、人手不足や担い手確
保といった課題に対応していくことが求められております。

 こうした課題に対応すべく、本年は「生産性向上」「需要獲得」「担い手確保」
の各分野での優れた取組を行う事業者を「はばたく中小企業・小規模事業者300社」
として、「インバウンド」「地域課題対応」「若手・女性」「生産性向上」の4つ
の分野で効果的な取組を行う商店街を「はばたく商店街30選」として選定しました。

 選定した取組を広く周知することで、選定された事業者等の社会的認知度や労働
者等のモチベーション等の向上を図ることに加え、後進の育成も目的としています。

 事例の収集に当たっては、日本商工会議所、全国商工会連合会、全国中小企業団
体中央会、全国商店街振興組合連合会、株式会社全国商店街支援センター、日本政
策金融公庫、商工組合中央金庫、中小企業基盤整備機構、日本貿易振興機構、産業
技術総合研究所、国際協力機構及び在外大使館・領事館及び各経済産業局等からそ
れぞれ推薦をいただき、沼上幹委員(一橋大学副学長・理事)、石井淳蔵委員(流通
科学研究所所長)を中心とする外部有識者によって厳正に審査いただいた上で、中
小企業政策審議会中小企業経営支援分科会において選定しました。

 今回選定された300の事業者、30の商店街の取組を収録した冊子を作成し、あわ
せて公表します。加えて、3月24日より優良取組事例を経済産業省本館1階ロビー
にて展示します。

 取組事例の情報発信を通じて、より多くの中小企業・小規模事業者、商店街が様
々な分野で活躍されること、そういった取組が日本経済の更なる成長につながるこ
とを期待します。

※詳しくはこちら
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2017/170323monozukuri.htm

************************************************************************
★ 平成29年度のミラサポ専門家派遣事業について ★
************************************************************************

【平成29年度のミラサポ専門家派遣事業について】

 4月3日(月)10時から派遣申請の受付が開始になります。

 本年度は、「平成29年度中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業」
と「平成28年度IT関連の専門家等派遣事業」の二つの事業がございます。

 ミラサポ専門家派遣事業を有効にご活用いただき、中小企業・小規模事業者へ
のご支援をよろしくお願い申し上げます。

--------------------------------------------------------------
1.平成29年度のミラサポ専門家派遣について
●一の中小企業・小規模事業者等が1年度当たりに受けられる専門家派遣は、
「IT関連の専門家等派遣事業」に係る専門家派遣(平成29年4月以降)の回
数と「中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業」に係る専門家派遣の
回数を合わせて、原則3回です。ただし、事業承継に係る課題の場合に限り、1
年度当たり5回まで可能です。
4回目以降の支援申込み等について、詳細はシステム改修後に改めてご連絡差
し上げます。また、専門家派遣の実施は、平成30年2月末日までです。(予算
の消化状況によっては、それよりも早まる場合もあります。)

●派遣申請については、前年度同様に、ミラサポにて申請頂きます。
申請日の3営業日以降、90日後までの支援日選択が可能です。

●支援実施後、専門家がミラサポから報告提出、事業者が支援従事証明を作成し、
派遣可能機関が承認まで実施した案件で、すべての必要書類(各様式・領収書等)
が不備なく弊社に到着したものが謝金対象となります。

--------------------------------------------------------------
※派遣申請にあたって、以下の項目に注意ください。
●派遣可能機関は、中小企業者等からの相談対応を行い、当該中小企業者等の経
営課題の整理・抽出を行った上で、専門家による支援が必要と判断する課題につ
いて、ミラサポの専門家データベースから適切な専門家を選定し、専門家派遣シ
ステムを通じて派遣申請を行うことができる。

●その際には、当該事業の趣旨を十分に理解した上で、派遣にかかる専門家の選
定理由や支援内容、支援時間、支援回数等について、必要性や経済性、合理性が
説明できるよう責任をもって申請を行うものとする。

●具体的には、派遣可能機関が派遣申請前に経営課題を明確に特定できているか、
派遣可能機関自身が当該課題にどのような対応を行ったのか、当該課題は派遣可
能機関自身で対応することができないものなのか、派遣の必要性を十分に検証す
るとともに、派遣可能機関自身で対応することができない経営課題の場合には、
最寄りのよろず支援拠点の活用も検討すること。

●派遣可能機関は、専門家からの派遣要請に基づいて当該専門家の派遣申請を行
ってはならない。

●派遣可能機関は、同一専門家が同一事業者に同一案件で複数年度にわたり派遣
申請を行うことはできない。(※以上は、専門家派遣実施要領から抜粋)
※上記項目は、ミラサポ専門家派遣システムの改修後、派遣申請時のチェックポ
イントとなります。改修までは、充分にご認識いただいたうえで申請の程お願い
たします。

--------------------------------------------------------------
※専門家の委嘱条件が変更になります
●日当の額は、全行程100km以上の移動で、且つ30分以上の支援が発生した
日に1日当たり1,100円を支給いたします。
●宿泊費は、1泊9,800円を上限とし、実費相当額を支給いたします。
※宿泊費については、やむを得ない場合に限り支給いたします。(宿泊理由書兼報
告書の提出が必須でございます)
※宿泊費の支払いに当たっては、領収書の提出が必須でございます。

※詳しくはこちら
https://www.mirasapo.jp/

************************************************************************
★  AMMコラム  ★
************************************************************************

■ようやく冬が終わり、春らしい日が続いていますね。北海道はとにかく長い冬
を過ごすので、全国のどこよりも春を待ち望んでいる地域であるような気がしま
す。■さて、本日は平成29年度スタートの日、みなさまどのような気持ちで臨
んでいるでしょうか。私、個人としましては、今日より当財団での2年目のシー
ズン開始となりました。より一層精進してまいりますので、改めましてよろしく
お願いいたします。■そして、また個人としての話なのですが、社会人としてち
ょうど10年が経過し、今日が11年目の開始日ともなりました。10年、思え
ばあっという間でした。成長したなと思えることもあれば、まだまだだなと思う
ことも、というよりまだまだと思うことばかり数多くあります。意識せずには、
人間大きく変われないなと痛感しております。■10年あれば、当たり前のこと
ですが赤ちゃんは小学校の高学年になり、中学生は成人します。そう考えると、
10年もあれば何でもできるような気がしてきますね。10年後、もっと大きく
成長できているよう、まずはここ1年そして1日1日を、昨年よりもいい仕事が
できたなと誇れるように日々取り組んでいきたいなと思います。■当財団も人事
異動があり、職員の入れ替わりがありました。新体制となりますが、今後ともよ
ろしくお願いいたします。また、皆様におかれましてはこの春に良き出会いがあ
るようご祈念申し上げます。(miya)


──────────────────────────────────
※これまでいただきましたお名刺や,セミナーへの出席申し込みなどにより
いただきましたE-Mailアドレスをもとにお送りしています。
──────────────────────────────────
#.メールマガジン配信先変更・購読中止について
●お届けするE-Mailアドレスの変更や購読解除は次のところから行ってくだ
さい。
http://www.arc-net.or.jp/arc-net/mailmagazine/formoff.html


★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*★*☆*★
一般財団法人 旭川産業創造プラザ
〒078-8801  北海道旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号
旭川リサーチパーク内
Tel:0166-68-2820    Fax:0166-68-2828
H P:http://www.arc-net.or.jp/
E-mail:arc-net@arc-net.or.jp
★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*★*☆*★

バックナンバー一覧へ

▲ページの先頭へ