ホーム » メールマガジン » バックナンバー » 第381号

バックナンバー

第381号


***********************************************************************
 ■■■  ■    ■ ■   ■
■   ■ ■■ ■■ ■■ ■■     【AIRC Mail Magazine 】
■   ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■■■■■ ■   ■ ■   ■     第381号(2016年11月1日発行)
■   ■ ■    ■ ■   ■
********************************************** (一財)旭川産業創造プラザ

■Contents;
◇(一財)旭川産業創造プラザからのお知らせ◇
1.「道北ビジネスプランコンテスト2016」のお知らせ
2.旭川食品産業支援センターからのお知らせ
3.旭川食品産業支援センターからのお知らせ(食品試験予定日)

◇関係機関からのお知らせ◇
4.3次元CADセミナー及び技術講座のお知らせ
5.「食品安全マネジメントシステムセミナー」のお知らせ
6.「2016 アグリビジネス創出フェア in Hokkaido」開催のお知らせ
7.『ユニバーサルデザイン普及・啓発セミナー』の開催のお知らせ
8.北海道よろず支援拠点「経営力強化セミナーin 旭川」のご案内

************************************************************************
★  「道北ビジネスプランコンテスト2016」のお知らせ  ★
************************************************************************

 旭川産業創造プラザでは、道北ビジネスプランコンテスト開催協議会の事業委
託を受けて、道北地域における創業と新産業の創出,企業の新分野進出を促進し
経済の活性化を図ることを目的として,優れたビジネスプランと意欲的な事業展
開を目指す方を支援するためのビジネスプランコンテストを実施します。

 最優秀賞、優秀賞に選定された方には助成金(最優秀賞:40万円、優秀賞20万
円)が副賞として進呈されます。また、応募頂いた方(希望者)にはインキュベ
ーションマネージャーを始めとするスタッフが創業に至るまでの継続的な支援を
行います。

 応募については、当財団のホームページより様式をダウンロードし申請してく
ださい。詳しくは、ホームページをご参照ください。

 コンテストをきっかけに、創業、新分野進出等、あなたのビジネスの第1歩を
踏み出してみませんか?みなさまのご応募、お待ちしております。

【お問い合わせ・お申込み】
一般財団法人 旭川産業創造プラザ 企業支援グループ
〒078-8801 旭川市緑が丘東1条3丁目2番5号 旭川リサーチセンター
TEL:0166-68-2820
FAX:0166-68-2828
E-mal:abc2016@arc-net.or.jp (ビジネスプランコンテストお問い合わせ用)
E-mal:arc-net@arc-net.or.jp (その他のお問い合わせ用))

※詳しくはこちら
http://www.arc-net.or.jp/arc-net/varioussupport/abc2016.html

************************************************************************
★  旭川食品産業支援センターからのお知らせ  ★
************************************************************************

1)旭川食品産業支援センター セミナー開催報告 その1

 9月30日、アートホテルズ旭川において「機能性食品開発セミナー」を開催
しました。

「機能性とは」という根本的な知識から、ヘルシーDoや機能性表示食
品の制度を使えば、小規模企業でも安価にこの市場に参入ができること、また、
そのための具体的な機能性素材についても紹介されました。

 一方、先行しているナショナルブランドの企業では、売上の10%を超える宣伝
費を投入して消費者への周知を図って拡販している現状など、実践的な情報をい
ただきました。

 本セミナーは、北海道バイオ産業振興協会、北海道バイオ工業会、ノーステッ
ク財団、北海道経産局、北海道のご協力を得て開催されました。

2)旭川食品産業支援センター セミナー開催報告 その2

 10月6日、旭川産業創造プラザにて、全面改定された「食品表示法セミナー」
を開催しました。

講師は、センターお勧めの伊藤渉氏(秤のイシダ、商品企画部)。種々の具体
例を挙げ、わかりやすい話をいただきました。法律の不明確な点を消費者庁に何
度も電話し、多数のやりとりから現状を整理された利用者視点の講演となりまし
た。

大改正の要点は、消費者庁に1本化されたこと、アレルギー表示方法の変更、
栄養成分表示の義務化、原材料と添加物を区分けして書くことで、見切り発車の
感がある改正は、2018年に見直しの予定なので結果を見てから自社の表示を法律
に合わせても遅くはないこと、もし自社の表示にミスを見つけたら、ただちに正
すべきは消費者の命に関わるアレルギー表示であることなど、ご説明がありまし
た。

 個別相談も開かれ、具体的な会とすることができました。

3) 厚生労働省 HACCP説明会への参加報告

10月8日、札幌にて「食品衛生管理の国際標準化に関する検討会」中間とり
まとめに関する説明会が開かれ、参加してきました。

 この検討会はHACCPを全ての食品関連事業者に義務化する制度へ向けての検討
会で、質疑応答にも1時間と配慮ある説明会でした。マル総に代表される従来の姿
勢を完全に捨てて、世界標準となっているCodexのHACCPガイドラインに完全に準
拠した方向に転換したことの説明がありました。HACCPが義務化されるので、各企
業が正しく理解して実施することが必要となります。

これについて、厚労省はパブリックコメント募集中(10月17日~11月15日)
です。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495160229&Mode=3

************************************************************************
★  旭川食品産業支援センターからのお知らせ(食品試験予定日) ★
************************************************************************

今月の食品試験予定日は
11月7、8、14、15、22、28、29日です。

 利用される場合は、必ず事前にご連絡ください。

<注意点>
1、当センターの試験は、自主試験を代行するものであり、公的証明を行うも
のではありません。
公的証明書を御希望の方は、旭川市保健所等の検査機関をご利用ください。

2、試験の受託範囲は、旭川市、鷹栖町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町、
上川町、東川町、美瑛町の1市8町に所在する食品事業者様が製造・販売
する商品(加工食品)となります。

 連絡先 旭川食品産業支援センター (旭川産業創造プラザ 内)

************************************************************************
★ 3次元CADセミナー及び技術講座のお知らせ ★
************************************************************************

旭川市では、地元のものづくり産業の振興を図るため,設計技術者の育成を目
的に「3次元CAD」をテーマとした技術講習会を開催します。

 本講習会では、3DCADソフトの「Solid Works」を使用して、基本的な操
作から自社製品の設計・改良などの実践的な操作までをわかりやすく指導します。

 また、講習会で設計したものについては、最新の3Dプリンターで出力し、社
内でのプレゼン用としてお持ち帰り頂けます。

 多数の御参加、お待ちしております。

■テーマ:「3次元CAD技術講座及び3Dプリント(機械設計編)」

■開催日:平成28年11月7日(月)~11月10日(木) までの4日間

■時 間:2時間/日(18:00 ~ 20:00)

■場 所:旭川市工業技術センター 2階 会議室

■講 師:
・小林 一誠氏(旭川工業高等専門学校 技術創造部 技術職員)
・鈴木利結樹氏(旭川工業高等専門学校 技術創造部 技術職員)
・田村 彰浩氏((株)札幌立体データサービス 代表取締役)

■定 員:10名(定員になり次第,締切らせていただきます。)

■参加料:無料

■その他:PC及びソフトウエア等はこちらでご用意いたします。

■申込方法:別紙様式に必要事項を御記入の上、FAX又はメールでお申し込みく
ださい。

■問い合わせ先:旭川市工業技術センター(旭川市工業団地3条2丁目1-18)
TEL:0166-36-3111 FAX:0166-36-4461

************************************************************************
★ 「食品安全マネジメントシステムセミナー」のお知らせ  ★
************************************************************************

 食品業界のグローバル化の進展に伴い、大手小売業の自社プライベートブラン
ド先に対する食品安全マネジメントシステムの取得要請、都道府県等による食品
等事業者が実施すべき管理運営基準に関する指針(ガイドライン)の改訂など、
食品等事業者では、対外的に自社の食品安全を証明する必要に迫られています。

 また、その一方で、食品偽装事件(フードフラウド)や冷凍食品への農薬混入
事件(フードディフェンス)、輸入食品の製造委託先(国外製造拠点)における
不適切・不衛生な食品の取扱いの発覚を機に、一連の食品への異物混入報道が相
次ぐなど、食品に対して消費者が不信を抱くような事態も相次いで起きています。

 多くの食品企業がこのような事態を招かないように、品質保証活動に注力して
いる上に、HACCP、ISO 22000、FSSC 22000の第三者認証の取得に取り組んでいる
企業があるにも関わらず、防ぎ得ないのはなぜでしょうか?

 何らかの認証を取得して長く運用している企業でも、安全または品質に問題の
ある製品が流通してしまい、対応に追われる事態が見られるほか、その一歩手前
の「ヒヤリ、ハット」が繰り返され、再発防止策が機能していない例もあります。

 当セミナーでは、食品企業を取り巻く最新情報から始まり、「今、求められる
現場管理のあるべき姿」として、「HACCPの義務化」、「首都圏への販路拡大」、
「海外への輸出」をキーワードにご説明いたします。

 食品企業として食品安全を実現し、取引先・消費者から信頼を得るために、食
品企業に求められる品質保証活動に必要な現場の管理方法である「一般的衛生管
理(PRP)」、「適正製造規範(GMP)」、「HACCP」、「ISO 22000」、「FSSC22
000」とは何か、それぞれの概要説明や求められる管理手段について、わかりやす
くご説明いたします。

 今後の食品安全に関する衛生管理体制を構築する一助としてご活用ください。
皆様のご参加をお待ちしております。

■日 時: 2016年11月16日(水) 14:00~16:40

■会 場: 札幌国際ビル 貸会議室 8階A会議室
〒060-0004 札幌市中央区北4条西4丁目1番地

■対象者: 経営層、食品安全チームのリーダー、ISO管理責任者の方対象

■定 員: 先着50名様 ※1組織2名様までとさせていただきます。

■参加費: 無料

■プログラム
第一部  現状の食品会社を取り巻く環境
HACCPの義務化、FSMA関連、第三者認証の認証状況
第二部  今、求められる現場管理のあるべき姿
(1) HACCPの義務化によって求められる現場管理の姿
(2) 首都圏への販路拡大や海外への輸出を考える際に求められる
現場管理の姿
第三部  日科技連の審査に対する考え方

 ※詳細・お申込みはこちら
https://www.juse-iso.jp/seminar/seminar.html$/sid/4032/?mailsp1011b

************************************************************************
★ 「2016 アグリビジネス創出フェア in Hokkaido」開催のお知らせ ★
************************************************************************

 北海道の農業、食品、関連産業に携わる大学、研究機関や企業等が集まり、新
技術、新商品の展示、試食・試用等による相互交流、PRを行います。一般市民の
方々にも分かりやすく楽しめるフェアです。

 北海道地域の農業、食品、関連産業の活性化を目指し、産学官連携による技術
開発の促進、起業化・事業化チャンスの発掘とビジネス・ネットワークの拡大を
図り、併せてこれらの産業の技術開発と新技術の普及の大切さを市民に伝えるた
めに開催します。

■日 程:平成28年11月11日(金)~12日(土)
開始時刻10:00~終了時刻17:00(12日は16:00まで)

■場 所:サッポロファクトリー(アトリウム、ファクトリールーム)
(札幌市中央区北2条東4丁目) 地下鉄東西線バスセンター前駅下車

■主 催:NPO法人グリーンテクノバンク、農林水産省

■参加費:無料
※事前の参加申し込みは不要です。

■プログラム:
○農業・食品分野の技術展示交流会【研究開発、事業、新製品等の展示・紹介
によるシーズとニーズの出会いの場】
11月11日(金)・12日(土)10:00~17:00(28日は16:00まで)

 ○ここが見どころ!【来場者に向けた展示内容の分かりやすい紹介】
11月12日(土)10:30~・14:30~/アトリウムステージ
14:30?の回は次代を担う農業高校生達の活動成果を紹介します。

 ○あぐりの広場【野菜の不思議発見・ちびっこ野菜博士】
11月12日(土)12:10~/アトリウムステージ 萬谷利久子氏(シニア野菜ソ
ムリエ)

 ○ショートセミナー【新しい技術によるおいしいアスパラガスの生産】
11月12日(土)13:15~/アトリウムステージ うちやま農園 内山裕史さん

■問い合わせ先:
NPO法人グリーンテクノバンク事務局
〒060-0002 札幌市中央区北2条西1丁目ピア2・1 5階
Tel & Fax:011-210-4477 E-mail:gtbh@almond.ocn.ne.jp

 ※詳しくはこちら
http://www.gtbh.jp/

************************************************************************
★ 『ユニバーサルデザイン普及・啓発セミナー』の開催のお知らせ ★
************************************************************************

 旭川市では,道立の試験研究機関,(一社)旭川ウェルビーイング・コンソー
シアムと連携し,高齢者・積雪寒冷地に対応したユニバーサル製品開発に向けたワ
ーキングを行っております。

 その背景に,近年,高齢者や障がい者にとって暮らしやすい社会の実現が進めら
れており,様々な企業・行政で,多様な人々にとって優しく,できるだけ多くの方
が使いやすいユニバーサルデザインの商品やサービスが拡がってきております。

 旭川市としても,ユニバーサルデザインの普及・浸透を進めて行くことにより,
高齢社会に対応した生活支援機能の充実やそれらを活用して,ものづくり産業振興
を図っていきたいと考えております。

 つきましては,時節柄何かと御多忙とは存じますが,下記の日程で講習会・ワー
クショップを開催いたしますので,御参加くださいますよう御案内申し上げます。
また会場である北方建築総合研究所の見学会も開催いたしますので,希望される方
は,お申し込みください。

■北方建築総合研究所施設見学会
(1) 日  時:平成28年11月14日(月) 午後5時00分~(1時間程度)
(2) 場  所:北方建築総合研究所1階ロビー
(旭川市緑が丘東1条3丁目1番20号)

■講習会
(1) 日  時:平成28年11月14日(月) 午後6時30分~
(2) 場  所:北方建築総合研究所 多目的ホール
(旭川市緑が丘東1条3丁目1番20号)
(3) テーマ:『いまこそ知りたいユニバーサルデザイン』
【講師】
国立大学法人旭川医科大学 学長補佐 教授 吉田 貴彦
学校法人東海大学札幌キャンパス国際文化学部デザイン文化学科 教授 小川 博

■ワークショップ
(1) 日  時:平成28年11月22日(火) 午後6時30分~
(2) 場  所:北方建築総合研究所 多目的ホール
(旭川市緑が丘東1条3丁目1番20号)
(3) 内  容:旭川に必要なユニバーサルデザインとは
(4) コーディネーター:国立大学法人旭川医科大学 学長補佐 教授 吉田 貴彦

■参加申込:参加申込書に企業名・氏名を御記入の上,FAXにてお申込ください。
■問合せ先:産業振興課(担当:横田,後藤)
TEL:0166-65-7047 FAX:0166-65-7048

************************************************************************
★ 北海道よろず支援拠点「経営力強化セミナーin 旭川」のご案内 ★
************************************************************************

 公益財団法人北海道中小企業総合支援センターは、北海道経済産業局からよろ
ず支援拠点事業を受託し、旭川市を含む道内7拠点に「北海道よろず支援拠点」
を設置し、支援機関等との連携を図りながら、中小企業・小規模事業者のみなさ
まが抱える売上拡大や経営改善などの経営課題解決に向けたサポートを行ってい
ます。

 本セミナーでは、弁護士で北海道よろず支援拠点コーディネーターの奥山倫行
氏を講師として、予防法務の観点からクレーム対応の心構えや予防方法、社内外
の体制構築、実際の対応方法などについて、すぐに実践できる効果的なノウハウ
を解説します。

■日時:平成28年11月15日(火)14:00~17:00

■会場:旭川トーヨーホテル 3階「水晶の間」
(旭川市7条通7丁目32-12)

■定員:60名(先着順)※参加料無料

■対象:中小企業・小規模事業者、認定経営革新等支援機関、支援機関、商工団
体、金融機関ほか

■申込方法:北海道よろず支援拠点「経営力強化セミナーin 旭川」参加申込書(
Word形式)」をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、下記の宛
先へメールまたはFAXでお申し込みください。

■申込期限:平成28年11月11日(金)

■お申込み先・お問い合わせ先:
〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目 経済センタービル9階
北海道よろず支援拠点事務局 塚崎、齋藤
TEL:011-232-2402 FAX:011-232-2011 E-mail:soudan@hsc.or.jp

※詳しくはこちら
http://www.hsc.or.jp/yorozu/seminar/20161115seminarasahikawa.htm

************************************************************************
★  AMMコラム  ★
************************************************************************

■初雪も降り、冬がだんだんと近づいてきていますね。みなさんはタイヤ交換お
済でしょうか?所々でそんな会話を耳にする季節となりましたね。■雪は降りま
したが、旭川市内は紅葉があちこちで非常にきれいです。特に個人的には旭川市
内の神楽岡公園はおすすめスポットです。桜に比べて紅葉は山以外のものはあま
りフィーチャーされない気がしますが、ゆっくり歩くとすごく癒されると思いま
す。■この神楽岡公園、最近とても好きなんです。私にとっては小さいころから
身近にある公園でして、炊事遠足や川遊びをした思い出のある場所です。ただ、
近くにあって良かった、好きな場所だなんて思うことはあまりなかったです。犬
の散歩で久々に訪れてから、だんだんと足を運ぶ回数が増え、いまでは散歩コー
スの定番と化しました。■川原でのバーベキューや花見に目が行きがちな神楽岡
公園ですが、散歩コースとしてもとてもいいですよ。駐車場もあるので、散策し
てみることをぜひお勧めします。四季折々の表情があり、どの季節に行っても癒
されると思います。■さて、日本シリーズが盛り上がっていますね!コラム作成
時点では、日本ハムが日本一に王手かけたところです。楽しみ。気温の差が激し
いですが、みなさま体調など崩さないよう、気を付けてお過ごしくださいませ。
(miya)

     * この欄は、毎回スタッフが交代で担当します。



──────────────────────────────────
※これまでいただきましたお名刺や,セミナーへの出席申し込みなどにより
いただきましたE-Mailアドレスをもとにお送りしています。
──────────────────────────────────
#.メールマガジン配信先変更・購読中止について
●お届けするE-Mailアドレスの変更や購読解除は次のところから行ってくだ
さい。
http://www.arc-net.or.jp/arc-net/mailmagazine/formoff.html


★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*★*☆*★
一般財団法人 旭川産業創造プラザ
〒078-8801  北海道旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号
旭川リサーチパーク内
Tel:0166-68-2820    Fax:0166-68-2828
H P:http://www.arc-net.or.jp/
E-mail:arc-net@arc-net.or.jp
★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*★*☆*★

バックナンバー一覧へ

▲ページの先頭へ