ホーム » メールマガジン » バックナンバー » 第369号

バックナンバー

第369号


***********************************************************************
 ■■■  ■    ■ ■   ■
■   ■ ■■ ■■ ■■ ■■     【AIRC Mail Magazine 】
■   ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■■■■■ ■   ■ ■   ■     第369号(2016年3月1日発行)
■   ■ ■    ■ ■   ■
********************************************** (一財)旭川産業創造プラザ

■Contents;

◇(一財)旭川産業創造プラザからのお知らせ◇
1.「ソーシャル・イノベーションセミナー」開催のお知らせ
2.旭川食品産業支援センターからのお知らせ

◇関係機関からのお知らせ◇
3.平成27年度補正「ものづくり等補助金」の公募について
4.平成27年度補正「小規模事業者持続化補助金」の公募について
5.「ものづくりセミナー」開催のお知らせ

************************************************************************
★ 「ソーシャル・イノベーションセミナー」開催のお知らせ ★
************************************************************************

 ソーシャル・インベーションとは、新しい社会的価値を創造するために必要と
される新しい社会的商品やサービス及びその仕組みであり、そこで創出された仕
組み等によって社会的課題の解決が図られ、新しい社会的価値により産業を創造
することで、起業家の育成や地方経済の活性化を目指すものであります。その知
識習得及び取り組み方を学べる内容です。
加えて、創業支援のあり方にも変化が求められていることをお伝えします。

■日 時:平成28年3月17日(木) 15:00 ~17:00
■場 所:旭川リサーチセンター 2F研修室(旭川市緑が丘東1条3丁目)
■講 師:京都産業大学 経営学部 教授 大室 悦賀 氏
(京都市ソーシャルイノベーション研究所 所長)
■定 員:30名(定員になり次第締切)
■参加料:無料
■申込方法:
参加ご希望の方は,3月15日(火)までに下記の申込用紙に必要事項を
ご記入の上、FAXまたはE-mailでお申し込みください。

■申込先・お問い合わせ先
一般財団法人 旭川産業創造プラザ 企業支援グループ
TEL:(0166)68-2820 FAX:(0166)68-2828
E-mail:arc-net@arc-net.or.jp
URL : http://www.arc-net.or.jp

※詳しくはこちら
Word様式:http://www.arc-net.co.jp/arc-net/data/20160317-siensya-muke-semi.docx
PDF様式:http://www.arc-net.co.jp/arc-net/data/20160317-siensya-muke-semi.pdf

************************************************************************
★ 旭川食品産業支援センターからのお知らせ ★
************************************************************************

今月の食品試験予定日は
3月1、14、15、28、29日です。

 利用される場合は、必ず事前にご連絡ください。

<注意点>
1、当センターの試験は、自主試験を代行するものであり、公的証明を行うも
のではありません。
公的証明書を御希望の方は、旭川市保健所等の検査機関をご利用ください。

2、試験の受託範囲は、旭川市、鷹栖町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町、
上川町、東川町、美瑛町の1市8町に所在する食品事業者様が製造・販売
する商品(加工食品)となります。

 連絡先 旭川食品産業支援センター (旭川産業創造プラザ 内)
電話 0166-68-2824

************************************************************************
★ 平成27年度補正「ものづくり等補助金」の公募について ★
************************************************************************

 北海道中小企業団体中央会は、経済産業省からの補助により、平成27年度補
正「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の公募を開始しました。

■事業概要
中小・小規模事業者が、自らの生産性向上のために行う、革新的な生産プロセス
の改善、試作品やサービスの開発に必要な設備投資等の経費の一部を補助します。
事業の類型は以下のとおりです。
(1)一般型
【事業期間】:交付決定日~平成28年12月31日まで
【対象経費】:機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費
【補助率】 :対象経費の2/3以内
【補助上限】:上限額1,000万円

(2)小規模型
【事業期間】:交付決定日~平成28年11月30日まで
【対象経費】:機械装置費、原材料費、技術導入費、外注加工費、委託費、
知的財産権等関連経費、運搬経費、専門家経費、クラウド利用費
【補助率】 :対象経費の2/3以内
【補助上限】:上限額500万円

(3)高度生産性向上型
【事業期間】:交付決定日~平成28年12月31日まで
【対象経費】:機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費
【補助率】 :対象経費の2/3以内
【補助上限】:上限額3,000万円

■公募期間
・受付開始:平成28年2月5日(金)
・締 切:平成28年4月13日(水)〔当日消印有効〕

■申請・お問い合わせ先
〒060-0001 札幌市中央区北1条西7丁目 プレスト1・7ビル 3階
北海道地域事務局(北海道中小企業団体中央会内)
TEL:011-241-9500
※北海道地域事務局は3月以降、住所・電話番号が変更となる予定です。
詳細が決まり次第、北海道中小企業団体中央会のウェブサイトに掲載されます。

※詳しくは、下記ウェブサイトをご覧ください。
http://www.h-chuokai.or.jp/contents/monodukuri/h27koubo.html

************************************************************************
★ 平成27年度補正「小規模事業者持続化補助金」の公募について ★
************************************************************************

 小規模事業者が、商工会・商工会議所と一体となって、販路開拓に取り組む費
用(チラシ作成費用や商談会参加のための運賃など)を支援します。
複数の事業者が連携した共同事業、海外展開や雇用対策に取り組む事業、移動
販売などによる買い物弱者対策に取り組む事業については、補助上限額を引き上
げ、より重点的に支援します。
また、業務効率化・生産性向上に向けた取り組みについても支援の対象としま
す。

■公募期間:
・平成28年2月26日(金)~平成28年5月13日(金)
■補助対象者
・小規模事業者
■補助対象経費
・機械装置等費、広報費、展示会等出展費、旅費、専門家謝金、委託費など
■補助率等
・【補助率】補助対象経費の3分の2以内
・【補助上限額】50万円(条件を満たせば、補助上限額の引き上げあり。)

※詳しくはこちら
http://h27.jizokukahojokin.info/

************************************************************************
★ 「ものづくりセミナー」開催のお知らせ ★
************************************************************************

 ものづくりにおけるデザインは、単に見映えを良くすることではありません。
デザインの思考・手法を取り入れることは、今や企業経営をも左右するといわれ
ています。それはどうしてなのか、デザインは企業の何をどう変える可能性があ
るか?本セミナーでは、その疑問を「デザイン思考」の実践事例紹介などから解
き明かします。

■日時:平成28年3月14日(月)13:30~17:00
■会場:旭川リサーチセンター 2階 研修室(旭川市緑が丘東1条3丁目1-6)
■対象:ものづくり中小企業、自治体、支援機関等
■定員:50名(参加無料)
■主催:経済産業省北海道経済産業局
■協力:(一財)旭川産業創造プラザ
■プログラム
(1)基調講演
題目:今だから見直す、デザインの力
講師:(株)意と匠研究所 代表 下川 一哉 氏
(2)講演
題目:デザイン開発時の留意事項~知的財産~
講師:内島特許商標事務所 弁理士 内島 裕 氏
(3)講演
題目:道内のデザイン製品開発の現状と取組事例
講師:(地独)北海道立総合研究機構 工業試験場
製品技術部デザイン・人間情報グループ 主査 日高 青志 氏
(4)パネルディスカッション

■申込方法:
開催案内リーフレットの参加申込書に必要事項をご記入のうえ、下記申込先
までFAX又はE-mailによりお申込みください。(申込締切:平成28年3月9日(水))
■申込先
(株)道銀地域総合研究所 担当:田中(和)
FAX:011-207-5220
E-mail:seminar@doginsoken.jp

※詳しくはこちら↓
http://www.hkd.meti.go.jp/hokis/20160218/

************************************************************************
★ AMMコラム ★
************************************************************************

■今年度も残り1か月となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。■当財
団の職員は、約半数が旭川市役所からの出向という形で配属されており、私も旭
川市役所から当財団に出向してから、2年と11ヵ月が経過しました。■私は、
現在のセクションに配属される前は、まったくの畑違いのセクションで仕事をし
ており、配属当初は戸惑いと不安でいっぱいでした。(配属の1か月後には、急
性胃腸炎を患い、周りからは「アイツ大丈夫か」と心配されましたが、ただの食
あたりでした。)■旭川産業創造プラザは、産業支援に携わる業務を行っており、
決められた事をするというよりも、その時その時で、新しい事業を行ったりなど
しております。■私が配属となった平成25年には、創業者向けに気軽な勉強会
とネットワークを作っていただく場として、「あさひかわBizCafeセミナー」(毎
月1回程度18:30~20:30)を初めて行い、現在では旭川地域のほか、
稚内、留萌、名寄士別、富良野地域の4か所でも出張で行っております。■また、
旭川地域で開業する方などを対象とした事業プランの発表会「旭川ビジネスプラ
ンコンテスト」も平成27年度からは道北主要都市で開業する方などにも対象を
広げ、「道北ビジネスプランコンテスト」と改名し、新聞等にも取り上げていた
だくなど、少ずつ事業が浸透されつつあると感じております。■私の財団での仕
事も、出向3年間という決まりがあるため、残り1か月となりましたが、この3
年間はとても貴重な経験をさせていただきました。■企業の社長様などと普通に
会話をする事は、これまでのセクションでは考えられない事でしたし、先進地の
視察などもさせていただく事ができ、刺激の強い3年間でございました。■4月
からは旭川市役所に戻る形となり、どのような業務に従事するかわかりませんが、
ここで経験したことを活かして、自分ができる事を一生懸命やっていきたいと思
います。皆様、大変お世話になりました。今後ともよろしくお願い致します。
(yoko)

──────────────────────────────────
※これまでいただきましたお名刺や,セミナーへの出席申し込みなどにより
いただきましたE-Mailアドレスをもとにお送りしています。
──────────────────────────────────
#.メールマガジン配信先変更・購読中止について
●お届けするE-Mailアドレスの変更や購読解除は次のところから行ってくだ
さい。
http://www.arc-net.or.jp/arc-net/mailmagazine/formoff.html


★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*★*☆*★
一般財団法人 旭川産業創造プラザ
〒078-8801  北海道旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号
旭川リサーチパーク内
Tel:0166-68-2820    Fax:0166-68-2828
H P:http://www.arc-net.or.jp/
E-mail:arc-net@arc-net.or.jp
★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*★*☆*★

バックナンバー一覧へ

▲ページの先頭へ